ダウンロードリスト

プロジェクト概要

TestLinkを日本語化したいのです. TEF メンバー有志で日本語化を分担できればと思います.

リリース時刻: 2008-12-10 10:06
testlinkjp remoteTestLink 0.01

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
remoteTestLink_001.tgz 391.09 KB 2008-12-10 10:07 9
remoteTestLink_001.zip 392.92 KB 2008-12-10 10:07 943

リリースノート

remoteTestLink.exe

[はじめに]
テストケース名とテスト結果を引数して起動すると、TestLinkの試験結果を登録します。

※他に引数としてTestLinkを設置しているサーバーURLとuser_api_key(後述)が必要です。

自動テストツールと組み合わせて、自動テストの結果をTestLinkに登録するのに使用します。

注意事項:1.TestLink 1.8 RC1以降で動きます
2.テストケース名、テストスイート名には英数字を使用してください。
(APIが日本語だとまだうまく動かないようです)

[使用法]

* コマンドラインでの使用

1. TestLinkのconfig.inc.phpを変更します

/** SOAP API availability (disabled by default) */
$tlCfg->api_enabled = TRUE;

2. user_api_keyを取得

TestLinkを開き「個人情報」を開く。一番下に
LOCALIZE: btn_apikey_generate ボタンをクリック
LOCALIZE: user_api_key = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

3. TestLinkでテストケースを実行できる状態に設定する
テストプロジェクト、テスト計画、ビルド、テストスイート、テストケースを登録し
  テスト計画にテストケースを登録する

4. コマンドラインで以下を実行する

remoteTestLink.exe サーバーURL user_api_key テスト結果 テストケース名 [テストスイート名]

  例 サーバーURL:http://garyo.net63.net/testlink_18RC1 (最後に/は付けないで下さい)
user_api_key:413a5f43341a85076597f166501740ec
テスト結果:p
テストケース名:"test case 1"
テストスイート名:"test suite 1"

remoteTestLink.exe http://garyo.net63.net/testlink_18RC1 413a5f43341a85076597f166501740ec p "test case 1" "test suite 1"

※テスト結果には 成功:p 失敗:f ブロック:b を与えます。

[更新履歴]

2008/12/10 0.1
新規作成。

変更履歴

変更履歴はありません