ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Java SE 8に対応したTERASOLUNA Server Framework for Java 2.0.6.3およびTARASOLUNA Batch Framework for Java 3.3.2を公開しました。

TERASOLUNA(テラソルナ)フレームワークは、NTTデータで数多くの適用実績を持つ信頼性の高いフレームワークです。
世界的にデファクトスタンダードである技術をベースに、 NTTデータの数多くのシステム開発で培ってきた豊富なノウハウが 継続的にフィードバックされています。
TERASOLUNAでは、各種プラットフォームによる、 オンライン系/バッチ系ソリューションに対応した複数のフレームワークを 用意しており、要件に応じて選択や組み合わせが可能です。
TERASOLUNAフレームワークを利用することにより、効率的、高品質なシステム開発を実現できます。


システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2011-10-28 20:11
Batch Framework for Java 3.1.0 (6 個のファイル 非表示)

リリースノート

■TERASOLUNA Batch Framework for Java

Javaによるバッチアプリケーション開発を実現するためのフレームワークです。
バッチアプリケーションでは、限られたリソースでの大量データの処理や、バッチ処理特有のトランザクション管理が求められます。
これらバッチアプリケーション特有の要件をフレームワークでサポートすることで、システムの品質向上・開発の効率化を実現します。

以下ダウンロード可能なファイルです。

* フレームワーク本体(terasoluna-batch4j-projects_x.x.x.x.zip)
o Eclipseプロジェクトとして提供します。

* ブランクプロジェクト(terasoluna-batch4j-blank_x.x.x.x.zip)
o アプリケーションの元となるブランクプロジェクトです。

* サンプルアプリケーション
o チュートリアル(terasoluna-batch4j-tutorial_x.x.x.x.zip)
+ 簡易的なバッチアプリケーションサンプルです。readme.txtもしくは導入手順ページを参照することで、簡単に動作確認を行えます。
o 機能網羅サンプル(terasoluna-batch4j-funcsample_x.x.x.x.zip)
+ 各機能の実装に重点を置いたサンプルです。
* ドキュメント(terasoluna-batch4j-doc_x.x.x.x.zip)
o アーキテクチャ説明書
+ フレームワークの内部アーキテクチャおよび提供する各機能の説明資料です。
o 機能説明書
+ フレームワークが提供する各機能ごとの動作、設定方法の説明資料です。
o 設定ファイル説明書
+ フレームワークの利用時に必要となる、設定ファイルとその内容の説明資料です。
o チュートリアル
+ 環境設定から各機能の利用までをチュートリアル形式で解説した資料です。

* 上記全部を含んだアーカイブ(terasoluna-batch4j-all_x.x.x.x.zip)
-----------------------------------------------------


各アプリケーション、Eclipseプロジェクトの詳細および導入方法は、各アーカイブに同梱されているreademeもしくは導入手順ページをご覧ください。

変更履歴

オンラインシステム開発者になじみのあるアーキテクチャを採用しているため、version 2.x よりも習得容易性が高く導入コストを低く抑えられます。