• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

tamago-tsunagi: コミット

Tamago-tsunagiのGitリポジトリです。


コミットメタ情報

リビジョン0fdc95191e8e8a200b8d056e5869fc7bb5d35677 (tree)
日時2015-02-03 07:09:04
作者Mitsutoshi NAKANO <bkbin005@rink...>
コミッターMitsutoshi NAKANO

ログメッセージ

remove egg-anthy.readme & update to 5.0.7.1

* egg.el(egg-version): update 5.0.7.0 -> 5.0.7.1
* egg-anthy.readme: remove it (#34871)
https://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=9668&tid=34871
Hideyuki SHIRAI <shirai@meadowy.org> said that it is too old.
https://sourceforge.jp/projects/tamago-tsunagi/lists/archive/misc/2015-February/000109.html
So removed it.
* NEWS(5.0.7.1): add
* ChangeLog: add 2015-02-03

変更サマリ

差分

--- a/ChangeLog
+++ b/ChangeLog
@@ -1,3 +1,13 @@
1+2015-02-03 Mitsutoshi NAKANO <bkbin005@rinku.zaq.ne.jp>
2+
3+ * egg.el(egg-version) updated 5.0.7.0 -> 5.0.7.1
4+ * egg-anthy.readme: removed it (#34871)
5+ https://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=9668&tid=34871
6+ Hideyuki SHIRAI <shirai@meadowy.org> said that it is too old.
7+ https://sourceforge.jp/projects/tamago-tsunagi/lists/archive/misc/2015-February/000109.html
8+ So removed it.
9+ * NEWS(5.0.7.1): added
10+
111 2015-02-02 Mitsutoshi NAKANO <bkbin005@rinku.zaq.ne.jp>
212
313 * egg.el(egg-version) updated 5.0.6.0 -> 5.0.7.0
--- a/NEWS
+++ b/NEWS
@@ -1,6 +1,14 @@
11 NEWS about tamago-tsunagi
22 =========================
33
4+## 5.0.7.1 removed egg-anthy.readme (#34871)
5+
6+https://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=9668&tid=34871
7+Hideyuki SHIRAI <shirai@meadowy.org> said that it is too old.
8+https://sourceforge.jp/projects/tamago-tsunagi/lists/archive/misc/2015-February/000109.html
9+So removed it.
10+If you want it, clone repository, and checkout old tamago-tsunagi.
11+
412 ## 5.0.7.0 imported FreeBSD's tamago-emacs24-4.0.6.0.20041122.19_12. (#34861)
513
614 https://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=9668&tid=34861
--- a/egg-anthy.readme
+++ /dev/null
@@ -1,325 +0,0 @@
1-『自家製 egg-anthy』について
2-
3-1. 自家製 egg-anthy について
4- この tar ball は白井秀行(*1)が個人的に Anthy(*2) を Tamago Ver.4(*3) か
5- ら *ちゃんと* 使おう!と思いたちでっちあげた elisp 群です。ぼくは、Meadow
6- や Zaurus 上の Emacs で egg-anthy を使ってめちゃくちゃ幸せになりました。
7-
8- 私は
9-
10- (1) Meadow な NotePC で持ち歩くから、サーバに繋げられないので Meadow から
11- も MS-IME で悲しい。だけど、anthy って cygwin で make できるなぁ。
12-
13- (2) Zaurus の Emacs で FreeWnn を egg-wnn で使っているけど、ちょっと辞書
14- を増やすとメモリは食うわ、遅くなるわで、大変。
15-
16- (3) Anthy 付属の anthy.el でも良いのだけど、どうしても指と頭が egg な動き
17- のままだ。
18-
19- という問題に悩まされていました。同じ悩みをお持ちの方には有効だと思います。
20- また、egg-remix(*4) と組み合わせても順調に動いています。
21-
22- (*1) shirai@meadowy.org <= 要望/バグ報告等はこちらまでどうぞ
23- (*2) http://anthy.sourceforge.jp/
24- (*3) http://www.m17n.org/tamago/
25- (*4) http://www.extipl.jp/~payashi/remix/
26-
27-
28-2. anthy のインストール
29- http://anthy.sourceforge.jp/ からどうぞ。2005年02月28日 現在では
30- anthy-6131 に対応しています。anthy-5900(またはそれ以前) でも動作すると思
31- われますが、辞書登録時にサポートしている品詞にミスマッチが生じるため、
32- egg-anthy がサポートしているすべての品詞を使うことはできません。
33-
34-
35-3. Tamago Ver.4 + 自家製 egg-anthy のインストール
36- リリース版の Tamago 4.0.6 では動作しませんので注意してください。
37-
38-3.1 まだ Tamago をインストールしていない人
39-(1) CVS Head な Tamago を http://cvs.m17n.org/viewcvs/tamago/tamago/ など
40- から貰ってきます。Tamago Ver.4 はいろいろなパッチが出ているので、必要な
41- 人は漁ってください。http://www.asahi-net.or.jp/~mu6k-ski/tamago.html も
42- 参考になるでしょう。
43-
44-(2) 同梱の anthy.el, anthyipc.el を上記の tamago 一式を展開した
45- tamago/egg/ 以下の同名のファイルに上書きします。
46-
47-(3) 普通に tamago をインストールします。
48-
49-3.2 すでに Tamago をインストールしている人
50- egg-anthy 付きのバージョンか否かで、方法が変わります。
51-
52-3.2.1 "C-uC-\" で "japanese-egg-anthy" が出てこない人
53- 2.1 を参考にして、一から Tamago をインストールしてください。
54-
55-3.2.2 "C-uC-\" で "japanese-egg-anthy" が出てくる人
56- (環境によって違うと思いますが)/usr/local/local/share/emacs/site-lisp/egg/egg
57- 以下に同梱の anthy.el, anthyipc.el をコピーして byte-compile してください。
58-
59-
60-4. 使い方
61- 普通に C-uC-\ で "japanese-egg-anthy" を選択すれば OK です。
62-
63- (setq default-input-method "japanese-egg-anthy")
64-
65- とか ~/.emacs に書いておけばすぐ egg-anthy が使える状態になります。
66-
67-
68-5. 自家製 egg-anthy の中身
69- http://anthy.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi?Emacs%A4%AB%A4%E9 のパッ
70- チを使わせていただきました。だけどこれだけだと、変換して C-h で取り消しっ
71- て 16回やったら破綻しますよね。
72-
73-5.1 制限事項
74-(1) Tamago Ver.4 の特徴の一つであるマルチフェンスは同時に 16個までしかオー
75- プンできません。
76-
77- これは、anthy-agent を -egg 付きで動かした場合の anthy-agent の制限事項で
78- す。15個を越えるとシツコクメッセージを出します。自分で改造すればそれ以上
79- のフェンスをオープンできますが、通常必要ないと思います。もし、間違って
80- 17個以上のフェンスをオープンして破綻したときは、
81- "M-x anthy-egg-recover" と打ってください。
82-
83-(2) egg-abort-conversion(), egg-decide-before-point() の二つの関数に
84- advice をかけていますので、注意してください。
85-
86- tamago 本体に手を加えたくないため、advice で逃げました。
87-
88-5.2 気のきいている点
89-(1) Anthy 付属の anthy.el と同時に使用することができます。
90-
91- そのときは、
92- (locate-library "anthy")
93- => "/usr/local/share/emacs/site-lisp/anthy/anthy.elc"
94- というふうに、Anthy 付属の anthy.el が load-path のはじめに出てくるように
95- 調整してください。
96-
97- (locate-libraries "anthy")
98- => ("/usr/local/share/emacs/site-lisp/anthy/anthy.elc"
99- "/usr/local/share/emacs/site-lisp/egg/egg/anthy.elc")
100- となれば OK です。
101-
102-(2) anthy-6131 付属の anthy-dic-tool がサポートしている品詞はすべて egg か
103- ら登録することが出来ます。
104-
105- 今後 anthy-dic-tool がサポートする品詞が増えたときの対応はそのときに考え
106- ますが、/usr/local/share/anthy/typetab を自動で解析しないとだめかなぁ。。。
107-
108- また、動詞の登録は癖があります。例えば「焼き込む」を登録するときは、
109- 漢字:『書き込』、読み:『やきこ』、活用:『マ行五段活用』
110- の様に活用語尾を外して登録します。
111-
112-(3) オリジナルの egg-anthy が対応していなかった、ひらがな変換(M-h)、カタカ
113- ナ変換(M-k) に対応しています。
114-
115-
116-6. UTF-8 対応
117- 最近の Anthy では、Anthy 内部が UNICODE 化し、安定版では anthy-8700 以降
118- の anthy-agent, anthy-dic-tool でも "--utf8" というオプションを使えば
119- UTF-8 で通信することができます。お使いの Emacs が Emacs-22 または
120- Emacs-21 + Mule-UCS のときは、Anthy と UTF-8 で通信することができます。
121-
122-6.1 設定
123- egg-anthy を使う前に
124-
125- (setq anthy-egg-use-utf8 t)
126-
127- とします。デフォルトは nil です。
128-
129- また、leim に登録されている egg-anthy の input-method 名が標準の
130- "japanese-egg-anthy" でないとき、または複数持つときは、
131- anthy-egg-input-method-list に以下のように設定します。
132-
133- (setq anthy-egg-input-method-list '("japanese-egg-anthy" "anthy"))
134-
135-6.2 注意点 その一
136- 日本語(?)以外の単語を Anthy の辞書に登録可能にする点と、日本語(?)以外を
137- リージョンに指定しての "M-x egg-convert-region" でエラーを出さないように
138- するため、egg-toroku-bunsetsu, egg-toroku-region, egg-convert-region,
139- egg-separate-languages の各関数に advice をかけています。
140-
141- この機能は
142-
143- (setq anthy-egg-use-chinese-korean-server t)
144-
145- とすると無効になり、kWnn, cWnn と utf-8 な Anthy が共存できます。デフォル
146- トは nil です。
147-
148-6.3 注意点 その二
149- UTF-8 を用いて Anthy から文字が出て来たときに Emacs がその文字がどの
150- charset set に割り当てるかは、その Emacs 次第です。例えば、Mule-UCS を使っ
151- ていても Emacs-22 の utf-translate-cjk-mode() を使っても、デフォルトでは
152- 『α』が japanese-jisx0208 ではなく greek-iso8859-7 として扱われます。
153-
154- おそらく大抵の人は japanese-jisx0208 として扱ってほしいと思われるので、以
155- 下のように文字セット変更の設定が必要です。なお、下記の例はわたしのもので、
156- 間違っている可能性もありますし、各人の趣味の問題もありますので、ご参考ま
157- でにどうぞ。
158-
159-(cond
160- ((featurep 'jisx0213)
161- ;; Mule-UCS + JISX0213 の設定
162- (setq unicode-basic-translation-charset-order-list
163- '(ascii
164- japanese-jisx0208 ;; 移動
165- japanese-jisx0213-1 ;; 移動
166- japanese-jisx0213-2 ;; 移動
167- japanese-jisx0212 ;; 移動
168- latin-iso8859-1
169- latin-iso8859-2
170- latin-iso8859-3
171- latin-iso8859-4
172- cyrillic-iso8859-5
173- greek-iso8859-7
174- hebrew-iso8859-8
175- latin-iso8859-9
176- latin-iso8859-14
177- latin-iso8859-15
178- ipa
179- ;; もとはここ
180- chinese-gb2312
181- chinese-cns11643-1
182- chinese-cns11643-2
183- chinese-cns11643-3
184- chinese-cns11643-4
185- chinese-cns11643-5
186- chinese-cns11643-6
187- chinese-cns11643-7
188- chinese-big5-1
189- chinese-big5-2
190- korean-ksc5601
191- latin-jisx0201
192- katakana-jisx0201
193- thai-tis620
194- ethiopic
195- indian-is13194
196- chinese-sisheng
197- lao
198- vietnamese-viscii-lower
199- vietnamese-viscii-upper
200- tibetan
201- mule-unicode-0100-24ff
202- mule-unicode-2500-33ff
203- mule-unicode-e000-ffff
204- mule-ucs-unicode-multichar))
205- (un-define-change-charset-order))
206- ((featurep 'un-define)
207- ;; Mule-UCS の設定
208- (setq unicode-basic-translation-charset-order-list
209- '(ascii
210- japanese-jisx0208 ;; 移動
211- japanese-jisx0212 ;; 移動
212- latin-iso8859-1
213- latin-iso8859-2
214- latin-iso8859-3
215- latin-iso8859-4
216- cyrillic-iso8859-5
217- greek-iso8859-7
218- hebrew-iso8859-8
219- latin-iso8859-9
220- latin-iso8859-14
221- latin-iso8859-15
222- ipa
223- ;; もとはここ
224- chinese-gb2312
225- chinese-cns11643-1
226- chinese-cns11643-2
227- chinese-cns11643-3
228- chinese-cns11643-4
229- chinese-cns11643-5
230- chinese-cns11643-6
231- chinese-cns11643-7
232- chinese-big5-1
233- chinese-big5-2
234- korean-ksc5601
235- latin-jisx0201
236- katakana-jisx0201
237- thai-tis620
238- ethiopic
239- indian-is13194
240- chinese-sisheng
241- lao
242- vietnamese-viscii-lower
243- vietnamese-viscii-upper
244- tibetan
245- mule-unicode-0100-24ff
246- mule-unicode-2500-33ff
247- mule-unicode-e000-ffff
248- mule-ucs-unicode-multichar))
249- (un-define-change-charset-order)))
250-
251-;; Emacs-22 の utf-translate-cjk-mode の設定例 (mule-ja ML より)
252-(when (fboundp 'utf-translate-cjk-set-unicode-range)
253- (utf-translate-cjk-set-unicode-range
254- '((?\x2e80 . ?\xd7a3)
255- (?\xff00 . ?\xffef)
256- (?\xa7 . ?\xa7)
257- (?\xb0 . ?\xb1)
258- (?\xb4 . ?\xb4)
259- (?\xb6 . ?\xb6)
260- (?\xd7 . ?\xd7)
261- (?\xf7 . ?\xf7)
262- (?\x370 . ?\x3ff)
263- (?\x400 . ?\x4ff)
264- (?\x2000 . ?\x206f)
265- (?\x2103 . ?\x2103)
266- (?\x212b . ?\x212b)
267- (?\x2190 . ?\x21ff)
268- (?\x2200 . ?\x22ff)
269- (?\x2300 . ?\x23ff)
270- (?\x2500 . ?\x257f)
271- (?\x25a0 . ?\x25ff)
272- (?\x2600 . ?\x26ff))))
273-
274-
275-●変更履歴
276- 2005年 2月28日
277- 新規
278-
279- 2005年 3月 9日
280- * egg/anthyipc.el (anthyipc-get-greeting): anthy-agent の '6300d' 形式の
281- バージョン番号に対応。
282-
283- 2005年 5月10日
284- * 前回の変更が思いっきり間違っていた ^^;;; ので修正。
285-
286- 2005年 8月 4日
287- * 郵便番号を簡単に引くための対応(add-hook)。
288-
289- 2006年 2月13日
290- * 単語登録した語句にスペースが含まれていると破綻していたのを修正。
291- => Anthy-7100b で動作確認。それ以降(現時点では Anthy-7411)は Anthy 側が
292- おかしな感じなので、本体側の修正待ち。
293- * 郵便番号対応は Anthy-7100b 以降本体に含まれたので意味が無くなったため外
294- した。
295-
296- 2006年 5月19日
297- * "nihonngoto[SPC][RET][SPC]qalphabet[SPC][C-g]nokonnzai[SPC][RET]" 対応。
298- anthyipc-read-string-type1(), anthyipc-read-string-type2() を変更。
299-
300- 2006年 5月24日
301- * 前回の対応の修正。anthyipc-read-string-type1() の書き直し。
302-
303- 2006年 5月25日
304- * よくよく考えたら、split-string の挙動が Emacs-22 と Emacs-20,21 とは違
305- うことを思い出したので、対応。
306-
307- 2006年 6月 6日
308- * 動詞の単語登録を間違っていたので修正。活用形を anthy-dic-tool に渡して
309- いなかったが、どうやら最初からのようだ。
310- * 前回の修正で間違え見付け。二文節め以降をひらがな、カタカナにできなかった。
311-
312- 2007年 4月19日
313- * Anthy の utf-8 対応。Readme の追記。
314- * elisp の Version の付け方を変えた。
315-
316-以上!
317-
318-
319-Local Variables:
320-mode: outline
321-mode: numbered-outline
322-numbered-outline-begin-number: 1
323-mode: auto-fill
324-fill-column: 74
325-End:
--- a/egg.el
+++ b/egg.el
@@ -30,7 +30,7 @@
3030
3131 ;;; Code:
3232
33-(defconst egg-version "5.0.7.0"
33+(defconst egg-version "5.0.7.1"
3434 "Version number for this version of Tamago.")
3535
3636 (defconst egg-tsunagi-version egg-version
旧リポジトリブラウザで表示