プロジェクトの説明

プロジェクトは、MGCLとfugenという二つのくくりで提供されます。MGCLはNURBSを利用した自由曲線、曲面を主とする、3次元曲面モデル用C++ライブラリー(DLLで提供)です。トリム曲面の接合によるシェルモデルまでをサポートし、シェルモデルのwatertightなテセレーションが可能で、OpenGL4による表示インタフェースを提供します。曲線・曲面の取り扱いに必要なベクトル、行列などの基本的な数学演算も提供されます。一方、fugenはMGCLを利用した、3DモデリングCADシステムで、マンマシンインターフェースにはWindows MFCフレームワークを利用。外部ファイル交換にはIGESファイル形式を利用します。 MGCLとfugen、このふたつのベースから商用に耐えうるシステムへ、開発を主体的にやってくれる仲間を募集しています。

システム要件

MS Windows10, OpenGL4.2

インストール

Installshieldのインストーラーを用意しました:fugensetup インストール方法を見る

ダウンロード

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

最新の動き

2021-11-04
14:34
SystemFugen
[SVN] リビジョン 64 をコミットしました
Tessellationを全面改良した: 1)recursiveな呼び出しだったtl2LPLines::tessellateをLPLinesのstack...
14:05
SystemFugen
[SVN] リビジョン 62 をコミットしました
MGCLをMGCLVと誤ったため、修正
14:04
SystemFugen
[SVN] リビジョン 61 をコミットしました
今後のMGCL各バージョンはMGCL folder配下にバージョン番号を変えて配置する。
2021-11-03
17:57
SystemFugen
[SVN] リビジョン 60 をコミットしました
Objectクラス継承図を更新
活動履歴を見る