ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Sumibiは統計的アプローチを使ったローマ字漢字変換エンジンです。Internet上にある無数のドキュメントをコーパスとして利用し、辞書を育てて楽しむ新感覚の漢字変換エンジンの開発です。 ソースコードリポジトリはこちらに移動しました。 https://github.com/kiyoka/Sumibi.org

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2006-08-29 22:23
testing 0.7.1 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

sumibi.elでユーザー固有の学習辞書が保存される機能を追加しました。
ユーザーのデータは、サーバ側には保存されず毎回サーバに送信するので、セキュリティーも確保されています。

変更履歴

- sumiyaki
1. デバッグ出力オプションを -d に設定した。
2. 30文字以上の単語を辞書に登録しないようにした。
- sumibi
1. ユーザー変換履歴を登録するaddhistoryコマンドを追加した。
2. 漢字変換の候補評価に、ユーザー変換履歴の値を加味するようにした。
- sumibi.el
1. 変換履歴を蓄積し、Sumibiサーバーに送信するようにした。(カスタマイズでOFFに変更可能)
2. 変換履歴を ~/.sumibi_history に保存するようにした。(保存するファイルパス名はカスタマイズ可能)
3. 候補選択中の新しいキーバインドを追加した。
i または C-i ... カタカナキーワードを選択する
u または C-u ... ひらがなキーワードを選択する
- sumibi.cgi
1. doSumibiConvertSexpメソッドの引数にユーザー変換履歴を追加した。
- Ajaxクライアント
1. JavaScriptから指定するtextareaタグのIDを q から qbox に変更した。
Google検索結果をAjaxクライアントに組みこむ時に、q というIDがぶつかったため。