• R/O
  • R/W (SSH)
  • R/W (HTTPS)

stew: レポジトリ概要


最近のコミット RSS

Rev. 日時 作者 メッセージ
r285 2012-12-19 22:53:05 argius
r284 2012-05-26 14:59:14 argius
r283 2012-05-25 21:58:27 argius インストール直後などでconnector.propertiesが存在しない場...
r282 2012-05-11 18:51:59 argius
r281 2012-05-11 18:51:34 argius 初期化チェック
r280 2012-05-09 20:24:45 argius リファクタリング(イベント処理関連)
r279 2012-05-09 20:23:49 argius ドキュメントの修正
r278 2012-04-27 22:42:11 argius
r277 2012-04-27 22:25:07 argius PostProcessがイベントを追い越さないようにする
r276 2012-04-27 22:09:42 argius EQUALのエスケープ除去

最近変更されたタグ

名前 Rev. 日時 作者
3.3.0 r285 2012-12-19 22:53:05 argius
3.2.0 r249 2011-12-12 21:59:34 argius
3.1.0 r209 2011-05-25 23:30:19 argius
3.0.0 r169 2010-10-24 03:39:43 argius

ブランチ

名前 Rev. 日時 作者 メッセージ
3.0.X r187 2011-01-23 14:15:24 argius
3.1.X r243 2011-11-25 23:03:07 argius
3.2.X r254 2011-12-20 21:57:33 argius

README_ja.txt

Stew - SQL Tool Environment With JDBC


1. 概要

Stewは、JDBCを使ったSQLツール環境です。
データベースフロントエンドとしてご利用いただけます。

以下の特徴があります。

・JDBCドライバ以外の外部ライブラリを使用しない
・コマンドラインでも実行できる
・カーソルを保持しない:
    StatementとResultSetは処理が終わった直後に解放するように
    しています。
・コアAPIのみ使用
・DBMS固有の処理を実装していない(バージョン2以降):
    JDBCドライバの実装はばらつきがあるので、できるだけ
    多くのドライバがサポートしていると思われる機能を使って
    実装しています。
    そのため、一般的な同種のアプリケーションで実現している
    機能を実装できない場合があります。
・Windows, MacOSX, Linux をサポート(バージョン3以降):
    古いバージョンでも使えることは使えますが、Windows以外は
    一部不具合がありました。
    新バージョンではMacOSXのサポートを強化しました。

機能の詳細については、説明書(MANUAL_ja.html)を参照してください。
バージョンアップでの変更点についてはFEATURE_ja.txtを参照してください。


2. インストール・バージョンアップ・アンインストール

インストール
    リリースパッケージのZIPファイルを適当なディレクトリに展開するだけです。
    最小限にしたい場合は本体JARファイル(stew.jar)と起動スクリプト(stew.bat or stew.sh)です。
    起動スクリプトも自前で用意していただくのであれば不要です。

バージョンアップ
    インストールしたファイルの最新版を上書きしてください。
    "stew.properties"と"connector.properties"はバージョン2と互換性がありますので、
    移行の際はそのままお使いいただけます。

アンインストール
    インストールしたファイルと、システムディレクトリ(.stew/)を削除するだけです。
    システムディレクトリは"@"コマンドで表示されます。


3. ライセンス

Apache License 2.0 を採用しています。
詳しくは、LICENSEファイルなどを参照してください。


4. 既知の問題

更新権限のチェックは、更新権限の参照権限が無いと正しく判定できないという問題があります。

Look&Feelの実装によっては上手く動作しない機能があるかもしれません。
旧リポジトリブラウザで表示