• R/O
  • SSH
  • HTTPS

smart-gs: レポジトリ概要


最近のコミット RSS

Rev. 日時 作者 メッセージ
r1207 2017-05-08 13:00:03 ohura [editor-simplyhtml-merge] PreferenceFrameの更新 TextMarku...
r1206 2017-05-08 12:33:11 ohura [editor-simplyhtml-merge] PreferenceFrameの更新 TextMarku...
r1205 2017-04-16 12:02:30 yuta-hashimoto Firebaseへの参照を削除
r1204 2017-01-30 14:29:04 ohura [editor-simplyhtml-merge] 新しいPreferenceの設定Frame Pre...
r1203 2016-11-23 12:03:45 ohura [editor-simplyhtml-merge] sg commentのencode, decodeの変...
r1202 2016-11-09 22:30:40 ohura [editor-simplyhtml-merge] SG commentの中の空白文字のdecod...
r1201 2016-10-31 12:54:41 ohura [editor-simplyhtml-merge] Editorを開いた時、不要な空白が...
r1200 2016-10-26 09:26:42 ohura [editor-simplyhtml-merge] URLのencode, decodeの追加 右ク...
r1199 2016-10-17 14:24:11 ohura [editor-simplyhtml-merge] Layout Viewの横スクロールバーの...
r1198 2016-10-17 14:17:01 ohura [editor-simplyhtml-merge] SimplyHTML本体の修正 Layout Vie...

最近変更されたタグ

名前 Rev. 日時 作者
release_0.10.1 r1112 2016-05-22 23:25:45 ohura
release_0.10.0 r1105 2016-05-08 21:03:00 ohura
release_0.9.3 r713 2013-07-10 16:21:38 ohura
release_0.9.2 r696 2013-04-04 22:10:28 ohura
release_0.9.1 r687 2013-03-20 12:53:05 ohura
release_0.9.0 r581 2012-09-13 21:25:21 ohura
release_0.8.1 r484 2011-12-17 15:52:04 ohura
release_0.8.0 r447 2011-10-20 10:05:48 ohura
20110508 r159 2011-05-08 20:20:56 ohura
20110503 r156 2011-05-03 19:34:59 ohura

ブランチ

名前 Rev. 日時 作者 メッセージ
constructorcheck r162 2011-05-16 00:37:47 shayashi 久木田さんへ: constructor ...
editor-simplyhtml r1175 2016-09-28 14:19:18 ohura [editor-simplyhtml] trunkか...
editor-simplyhtml-merge r1207 2017-05-08 13:00:03 ohura [editor-simplyhtml-merge] P...
editor-simplyhtml-merge-201609 r1141 2016-09-25 22:31:04 ohura trunkのマージ用に現時点のbr...
kukita r182 2011-05-27 05:15:53 minao リソースにバージョン情報を...
kukita-net-version r544 2012-08-31 09:16:00 minao Smart-GSのアイコンを追加。
net-version r485 2011-12-17 15:53:43 ohura branches/net-version
ohura-memopad r83 2010-12-10 08:13:45 ohura Merge with Kukita-san's ver...
release_0.8 r483 2011-12-17 15:49:25 ohura
release_0.9 r714 2013-07-10 17:54:47 ohura Update GSVersion
shayashi r123 2011-03-09 17:04:44 ohura commit to branches/shayashi
socket r739 2013-09-09 09:53:16 yuta-hashimoto WebSocket機能の実験用ブランチ
tshimizu r71 2010-12-02 01:36:04 shayashi

README.ja.txt

1. SMART-GSについて
-------------------
  SMART-GSは歴史学、文献学などの人文学におけるテキスト研究用のツールで
す。SMART-GS は手書きを含むテキストの画像イメージを検索、マークアップ、
リンクすることができます。SMART-GSは形の類似性により検索を行うので古代
語などの未知の言語のテキストや草書などの文字の範囲が不明瞭なテキストで
も検索を行うことができます。

Copyright (C) 2006-2016 京都大学 大学院文学研究科 情報・史料学専修

  このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはこれを、フリーソフト
ウェア財団によって発行された GNU 一般公衆利用許諾契約書(バージョン2か、
希望によってはそれ以降のバージョンのうちどれか)の定める条件の下で再頒
布または改変することができます。

  このプログラムは有用であることを願って頒布されますが、*全くの無保証*
です。商業可能性の保証や特定の目的への適合性は、言外に示されたものも含
め全く存在しません。詳しくはGNU 一般公衆利用許諾契約書をご覧ください。
 
  あなたはこのプログラムと共に、GNU 一般公衆利用許諾契約書の複製物を一
部受け取ったはずです。もし受け取っていなければ、フリーソフトウェア財団
まで請求してください(宛先は the Free Software Foundation, Inc., 59
Temple Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA)。

2. SMART-GSの配布
-----------------
  SMART-GSの一次配布元は以下のページです。
http://osdn.jp/projects/smart-gs/

  SMART-GSの配布物には、いくつかのライブラリが含まれています。ライブラ
リはそれぞれのライセンスで配布されています。

  なお、配布物には、SMART-GSの一部ではないものが含まれています。

  一緒に配布しているDscSearchとSegfo2dscはSMART-GSの一部ではありません。
これらはフリーソフトウェアではなく、実行形式のみを配布しています。
寺沢憲吾氏が著作権を持つもので、特別にSMART-GSの配布物に含めています。
このソフトウェアに関する問い合わせは寺沢憲吾氏に直接連絡をして下さい。
詳しくは以下のページを見て下さい。

http://km.meme.hokudai.ac.jp/people/terasawa/WS/dscsearch.html

  smart_gs/ 以下には、群馬大学総合情報メディアセンター図書館本館所蔵の
田辺元文庫 ta-5 「九年講座」原稿の一部の画像が含まれています。この原稿
は田辺賞設置委員会が著作権を持ちます。さらに、この画像は京都大学文学研
究科情報・史料学専修が製作し著作権を持つものです。また、GSXファイルに
含まれている翻刻は京都大学田辺史料研究会が製作し著作権を持つものです。

3. SMART-GSのインストール、実行
-------------------------------
  SMART-GSの実行には、Java Runtime Environmentが必要になります。利用
する環境にインストールされていない場合は、事前に用意して下さい。

  配布物には、ZIPファイルとDMGファイルがあります。中身は同じですが、
WindowsやLinuxの場合はZIPファイルを、Mac OS X の場合はDMGファイルをダ
ウンロードして下さい。SMART-GSの配布物には、ソースコードやJavaのクラス
ファイル、サンプルファイルなどが含まれています。

  SMART-GSのインストールは、配布ファイルを展開するだけです。Windowsの
場合は、展開したZIPファイルの中にある smart-gs.exeを実行すると
SMART-GSが起動します。Mac OS Xの場合は、DMGファイルの中にあるSMART-GS
をアプリケーションフォルダなどにコピーしてから実行して下さい。

  util/ 以下には、DscSearchの実行ファイルが含まれています。Linux用の実
行ファイルは、以下の環境でビルドしています。

* DscSearch: Debian(amd64), gcc 4.7.2
* DscSearch-x86: Debian(i386), gcc 4.7.2

4. SMART-GSのマニュアル
-----------------------
  SMART-GSのマニュアルは以下のページにあります。詳しい使い方はマニュア
ルを参照して下さい。

http://smart-gs.osdn.jp/manual/ja/

5. NOTICE
---------
  SMART-GSの配布物にはいくつかのライブラリが含まれています。

5.1 commons-codec
-----------------

Apache Commons Codec
Copyright 2002-2011 The Apache Software Foundation

This product includes software developed by
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

--------------------------------------------------------------------------------
src/test/org/apache/commons/codec/language/DoubleMetaphoneTest.java contains 
test data from http://aspell.sourceforge.net/test/batch0.tab.

Copyright (C) 2002 Kevin Atkinson (kevina@gnu.org). Verbatim copying
and distribution of this entire article is permitted in any medium,
provided this notice is preserved.
--------------------------------------------------------------------------------

5.2 commons-httpclient
----------------------

Apache Jakarta HttpClient
Copyright 1999-2007 The Apache Software Foundation

This product includes software developed by
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

5.3 commons-io
--------------

Apache Commons IO
Copyright 2002-2010 The Apache Software Foundation

This product includes software developed by
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

5.4 commons-lang
----------------

Apache Commons Lang
Copyright 2001-2011 The Apache Software Foundation

This product includes software developed by
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

5.5 commons-logging
-------------------

Apache Commons Logging
Copyright 2003-2007 The Apache Software Foundation

This product includes software developed by
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

5.6 jdom
--------

This product includes software developed by the
JDOM Project (http://www.jdom.org/).

5.7 webdavclient4j
------------------

This product includes software developed by
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

5.8 log4j
---------
Apache log4j
Copyright 2010 The Apache Software Foundation

This product includes software developed at
The Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).

5.9 sqlite-jdbc
---------------
This product includes the following softwares developed by David Crawshaw.
See LICENSE.zentus file.

And also, NestedVM (Apache License Version 2.0) is used inside sqlite-

5.10 asm
-------
 ASM: a very small and fast Java bytecode manipulation framework
 Copyright (c) 2000-2005 INRIA, France Telecom
 All rights reserved.

 Redistribution and use in source and binary forms, with or without
 modification, are permitted provided that the following conditions
 are met:
 1. Redistributions of source code must retain the above copyright
    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
    documentation and/or other materials provided with the distribution.
 3. Neither the name of the copyright holders nor the names of its
    contributors may be used to endorse or promote products derived from
    this software without specific prior written permission.

 THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS IS"
 AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
 IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
 ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER OR CONTRIBUTORS BE
 LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR
 CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF
 SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS
 INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN
 CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE)
 ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF
 THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

旧リポジトリブラウザで表示