ダウンロードリスト

プロジェクト概要

SMART-GS は歴史学、文献学などの人文学におけるテキスト研究用のツールです。SMART-GS は手書きを含むテキストの画像イメージを検索、マークアップ、リンクすることができます。SMART-GSは、形の類似性により検索を行うので、OCR とは異なり、手書き文書、古代語などの未知の言語のテキストでも検索を行うことができます。そのため歴史学、言語学、文献学。古地震学などにおける文献研究に使用することができます。 新バージョンのリリースがストップしていましたが、2016年5月に ver.0.10.0 (ベータ版)をリリースしました(します)。リリースが止まっていたのはマニュアル整備に割く時間がなかったためですが、ver.0.10.0は直観的に操作できるため、マニュアル作成を後回しにしてリリースします。

リリース時刻: 2016-05-08 21:43
SMART-GS 0.10.0

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
SMART-GS-0.10.0.zip 46.1 MB 2016-05-08 21:44 18

リリースノート

0.10.0 new features

  1. Intuitive UI
  2. A LineSegment Editor, which makes the line segment editing much easier. Here is a manual of an early prototype. Detailed manuals are on the way.
  3. A front end of the Google Tesseract-OCR tool. It makes the Google Tesseract-OCR tool much easier to use. Sometimes, it is even more convenient than commercial OCR tools due to some features of SMART-GS.
  4. Undo/redo feature for the Image Document Editor, Multilingual support, e.g. Japanese menu bars, and many other miscellaneous improvements.
  5. It is now a client for HCP gsx-file version control server. The basic features of a HCP client have been installed. Although it is still incomplete, we have abandoned the development of this feature, as shareable cloud storage services like DropBox are now available and popular. We are now developing features for

collaborating transcription over WEB through such services, e.g. a diff tool to compare two gsx files.

English video tutorial

Now a video tutorial for this version is under development. It must be available till August.

XML/TEI Editor version

A new version with a completely new text editor is under development. It is an XML/TEX editor and can edit not only horizontal line texts but also vertical line texts as Japanese texts. It is expected to be alpha-released in this coming summer.

0.10.0 の新機能

  1. 以前より直観的なUI。
  2. 行切り出しエディタの追加。これにより行切り出し作業が大変簡単になりました。
  3. Google Tesseract-OCR 用フロントエンドの機能。Tesseractは十分な学習ファイルが公開されている英語では、市販OCR以上の精度ですが、これを手軽に使えます。
  4. この他、画像マークアップエディタの undo/redo, メニューの多言語化(一部メニューを日本語化)など多くの改造。
  5. gsx ファイル・バージョン管理システムHCP のクライアントとしての機能。これはHCPクライアント基本機能の実装が終わった段階で未完ですが、開発は終了することにしました。DropBoxなどの商用ストレージサービスによるファイル共有が一般化してきたためで、今後はそれらのサービスを前提にしたファイル共有・共同翻刻支援機能を実装する予定です。すでに、二つの gsx ファイルの diff を取る機能 tool (ツール)-> compare が追加されています。

また、これ以外に、テキストエディタを現在の ekit ベースのものから、SimplyHTML の、TEI/XML ベースの縦書き機能もついたエディタに換装した ver.1.0... を開発中で、近々(夏頃?)、アルファ版を公開予定です。

変更履歴

変更履歴はありません