• R/O
  • SSH
  • HTTPS

shibuya-trac: コミット


コミットメタ情報

リビジョン872 (tree)
日時2015-04-29 20:34:55
作者jun66j5

ログメッセージ

TracAvatarPlugin: import README.txt from TracLightning

変更サマリ

差分

--- plugins/tracavatarplugin/branches/0.12/README.txt (nonexistent)
+++ plugins/tracavatarplugin/branches/0.12/README.txt (revision 872)
@@ -0,0 +1,55 @@
1+= TracAvatarプラグイン =
2+2010/08/30 Takashi Okamoto
3+
4+== 概要 ==
5+TracAvatarプラグインは、Tracにアバター機能(ユーザのキャラクタ化機能)を追加します。
6+TracAvatarプラグインを利用することにより、タイムラインの変更者やチケットの担当者、
7+報告者、コメント者などユーザ名が表示される部分にキャラクタも一緒に表示されるよう
8+になります。
9+
10+
11+== 事前準備 ==
12+(※TracLightningをご利用の方は事前準備は不要です)
13+TracAvatarプラグインは、TracUserManagerプラグインの拡張として実装しています。動作には、
14+予めTracUserManagerプラグインをインストールしておく必要があります。TracUserManager
15+プラグインの動作には、TracAccountManagerプラグインが必要です。
16+
17+$ easy_install
18+
19+TracUserManagerプラグインと
20+TracAccountManagerの導入方法については、下記のURLをご覧ください。
21+
22+ * TracAccountManagerPlugin
23+ http://trac-hacks.org/wiki/AccountManagerPlugin
24+ * TracUserManagerPlugin
25+ http://code.optaros.com/trac/oforge
26+
27+== インストール方法 ==
28+=== Tracにパッチを当てる ===
29+まずは、trac本体に次のパッチを当て、Tracをインストールします。
30+{{{
31+$ cd trac (Tracのソースディレクトリへ移動)
32+$ patch -p1 < tractavatar_support_for_trac0.11.7.patch
33+$ python setup.py install
34+}}}
35+
36+=== TracAvatarプラグインのインストール ===
37+下記の手順でTracAvatarプラグインをインストールします。
38+{{{
39+$ svn co https://svn.sourceforge.jp/svnroot/shibuya-trac/plugins/tracavatarplugin/branches/0.11 tracavatarplugin
40+$ cd tracavatarplugin
41+$ python setup.py install
42+}}}
43+=== trac.iniの設定 ===
44+trac.iniファイルに下記の設定を追加し、TracAvatarプラグインを有効にします。
45+
46+[components]
47+tracavatar.web_ui.* = enabled
48+
49+== 使い方 ==
50+タイムラインやチケットのユーザ名が表示される個所にアバターが表示されるようになります。
51+メニューの上の「ユーザ設定」のリンクから「My Profile」タブを開いて、Picture:で選択した画像がアバターになります。
52+
53+
54+
55+
旧リポジトリブラウザで表示