Xming X Server for Windows の使い方

UNIX/Linuxにおいては、X Window System(以下、X)を使用してGUIを実現していることが多い。Xでは画面表示を行うアプリケーション(Xサーバー)と、GUIを備えた個々のアプリケーション(Xクライアント)が分離されており、Xクライアントが描画命令をXサーバーに送信し、Xサーバーがそれを実際に描画するというクライアント/サーバー構成が取られている。このときXサーバーとXクライアントは同一のマシン上で動作している必要はなく、たとえば遠隔地にあるUNIX/Linuxマシン上でXクライアント(=アプリケーション)を動作させ、その結果を手元にあるWindowsマシン上で動作するXサーバーで表示させる、といったことが可能だ。
XmingはオープンソースのWindow用Xサーバーだ。Windowsで動作するXサーバーにはさまざまなものがあるが、Xmingはオープンソースであり無償で利用できるというのが特徴だ。

Xming上でgnome-terminalを利用する例

Xming単体で使うのであれば特に設定は不要で、Xmingを起動すればXサーバーが立ち上がる。しかし、通常はXmingを起動したのち、リモートでXクライアントを起動して作業を行うことが多いだろう。この作業をまとめて実行してくれるのが、Xmingに付属する「XLaunch」だ。

XLaunch を起動したところ

続きを読む