プロジェクトの説明

Media Player Classic - BEは、自由でオープンソースなWindows用オーディオおよびビデオ プレーヤーです。

Media Player Classic - BEは、オリジナルのMedia Player Classic (Gabest)プロジェクトとMedia Player Classic Home Cinemaプロジェクト (Casimir666)をベースとし、機能追加とバグ修正が含まれています。

インストール

7-zip 32bit版の場合 MPC-BE.***.x86.(VS2010).7z をダウンロード 解凍します。 mpc-be.exe を実行します 自動で日本語になります。 言語の変更 以上 インストール方法を見る

ダウンロード

レビュー
あなたの評価
レビューする

2021-04-03 10:33
めざしさんによるレビュー

評価:
(3 人中 0 人がこのレビューが参考になったと答えています)
GOM Player からの乗り換えを考えていて評価中です。
長所
GOM Playerと遜色なく使えそう
短所
最小化のショートカットができない

2021-03-07 08:17
kyudaindoさんによるレビュー

評価:
(0 人中 0 人がこのレビューが参考になったと答えています)
ショートカットキーでプレイリストを表示させると、もう一度そのキーを押してもプレイリストが消えてくれない。キーが「表示→消す」の切り替えキーであると尚使いやすい。 MPC-HCはこの点を実現しているので、BEでも実装してほしい。

2020-10-08 21:03
ハルさんによるレビュー

評価:
(8 人中 8 人がこのレビューが参考になったと答えています)
MPC-HCを使っていたのですが、更新されていないのでMPC-BEに乗り換えつつあります。 HCと殆ど同じ感覚で操作できるのでなんら不満はありません。音質映像もどちらの方が優れているという事も無く、どちらも満足しています。 MP4系は再生ソフトは大量にありますが、MKVをメインに再生する場合、日本語対応のソフトはHCかBE、VHCあたりになってくるでしょう。 (中華ソフトは危ないので絶対に使いません。Windows10についてくる標準の再生ソフトはMKVのコーデックを120円で購入しても正しくインストールできず観れないゴミっぷりです。) VHCは数GB~数十GBサイズの映像だと処理がついていけず乱れるんですよね。MPC-HCとBEはどんなサイズの映像も乱れる事が無いので処理が優れているのだと思います。 日本語の翻訳も完璧で感謝しかありません。
長所
・日本語対応 ・再生処理に優れている ・メジャーな拡張子に全て対応している
短所
・特になし
レビュー一覧