LxPupSc32-22.02+0-T-k64.iso___LxPupSc32-22.02+3-T-k64.iso.delta (LxPupSc32-22.02+0-T-k64.iso___LxPupSc32-22.02+3-T-k64.iso.delta( 外部リンク: SF.net): 138,129,172 バイト)のダウンロードが開始されます。開始されない場合,左のリンクをクリックしてください。

ファイル情報

ファイルサイズ
138,129,172 バイト
MD5
2d5480f87509da3e00ddd4459c9eed8c

プロジェクト概要

LxPupは、LXDEデスクトップ環境を用いたPuppy Linuxのバージョンであり、loukitchouのLxPup13.01のアップデートされた「末裔」です。
LxPupは、Openboxウィンドウマネージャ、LxPanelX(LxPanelのフォーク)パネルマネージャとPCManFMファイルマネージャを提供しています。
デスクトップへのオプション拡張機能は、Change AppearanceメニューのOptionsボタンから利用できます。
LxPupの様々な「フレーバー」(現在は4+2 *)は、公式にPuppy Linuxでビルドした派生物として組み込まれており、異なるカーネルやベースであるPuppyのソフトウェアリポジトリへのアクセスが提供されています。
LxPupは、Puppy Linuxの重要な利点(小さなisoサイズ、幅広いハードウェアのサポートやアプリケーションの組込み、ライブCDと簡単なインストール、フレンドリにサポートしてくれるユーザーフォーラムなどなど)を兼ね備えており、軽量でありながら現代的なLXDEデスクトップ環境を持ちます。
*Slackware14.0と互換性がある2つのフレーバー(paeとnon-pae)、2つのUbuntu Preciseフレーバー+1つのUbuntu Raringフレーバー+1つのDebian Wheezyフレーバーがありますが、すべて200MB未満です。