プロジェクトの説明 RSS レビューする

BEMAPは(自動パラレライザー用ベンチマーク)自動並列化のための性能を測定するために使用するベンチマークです。

このプロジェクトでカバーされるすべてのOpenCLのコード·ベンチマークは、手細くとともにステップ·バイ·ステップで行われます。 各チューニングステップexecutional時間は、包括的なユーザーインターフェイスとhelpオプションを指定して詳細に測定されています。 ネイティブコード内の正確な実装(C + +)も参考のために、各プロジェクトのフォルダに用意されています。

これらのベンチマークを使用することによって、私たちは分析することができる: 1。自動パラレライザーのコンパイラをチューニング/最適化する方法 2。適切な最適化の手順は、コンパイラ内で提供されているかどうか

ダウンロード

レビュー
あなたの評価
レビューする