ミラーサーバ情報
変更

SeraphyScriptDialog v2.1 Windows 実行ファイル(SeraphyScriptDialog-2.1_setup.exe: 765,816 バイト)のダウンロードが開始されます。開始されない場合,SeraphyScriptDialog-2.1_setup.exeをクリックしてください。

ファイル情報

ファイルサイズ
765,816 バイト
MD5
d494b65e0c2cd38ab8fd5abba1445fac
SHA1
2230fb129368d35d2837752e641c756bf274e823
SHA256
bed75110b6ba9c184545b6381a314e2d32481c7595b49d065337ef3c22e9dbbd
ウィルス検査
OSDNではVirusTotalを利用してファイルを検査しています

プロジェクト概要

SeraphyScriptDialog/SeraphyScriptToolsは、VBScript/JScriptなどWSHで動作するスクリプトにおいてウィンドウ管理能力をもたせて対話型処理を可能にするCOMオブジェクトです。

SeraphyScriptDialog

ユーザ定義の簡易ダイアログを生成できます。細かなレイアウトや複雑な動作はできませんが、簡易な対話フォームを少ないスクリプトで記述することができます。

SeraphyScriptDialogは市販の某CADのアドインとして使えるようにするために当初は開発したという経緯があり、ユーザ定義ダイアログの機能以外にも若干の余計な機能がついています。

SeraphyScriptTools

SeraphyScriptDialogよりも柔軟且つ複雑なレイアウトや描画機能を持っています。

簡易なGUIアプリケーション、C/S型アプリケーションのプロトタイプやモック作成をスクリプト上で行うために作られましたツールです。

グラフィクス描画や印刷機能も備えますが使い方は若干複雑となります。