ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

SeasarはV2になって軽量DIコンテナ with AOPになりました。「J2EEの解体と再構築」「易しさと優しさ」がテーマです。普通のJavaオブジェクトにJ2EEのサービスを簡単に適用できるので複雑なAPサーバは不要になります。DI+AOPの便利さを体感してください。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2005-05-07 06:07
S2OpenAMF 1.0.7 (2 個のファイル 非表示)

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

・_remoteClassを記述していないAS2Classをメソッドの引数とした場合、
必ずMap(ASObject)として渡されるようになりました。
V1.0.6までは_remoteClassを記述していないオブジェクトを渡した場合
呼び出し先のメソッドの型を見て、自動的にオブジェクトを変換していましたが、
オーバーロードされたメソッドを呼び出す際に意図しないメソッドが
意図しない引数で呼び出される可能性があったので、
このよきにはからう曖昧さを廃止しました。
・サーバサイドのメソッドへ渡すオブジェクトがAS2Class - Array - AS2Class
という階層だった場合、Arrayに入ったオブジェクトの
_remoteClassが効いていなかったのを修正しました。
・Exampleにパターンテスト用のFlash, Javaを追加しました。
階層のテストパターンを追加する場合にどうぞ。
・Exampleのライブラリを更新しました。
・Exampleのflaファイルを最適化して軽量化しました。