• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

sdl2referencejp: コミット

SDL2.0の日本語リファレンスマニュアル


コミットメタ情報

リビジョン79edbe968e62c77e43e4e6623c5892efa1f4e5aa (tree)
日時2018-03-09 21:52:56
作者maruhiro <maruhiro@brid...>
コミッターmaruhiro

ログメッセージ

SDL2.0の履歴を更新 (祝 SDL 2.0.8リリース!)

変更サマリ

差分

--- a/WhatsNew.html
+++ b/WhatsNew.html
@@ -12,6 +12,58 @@
1212 <a href="index.html">目次</a> - SDL 2.0の履歴
1313 <hr>
1414 <h1>SDL 2.0の履歴</h1>
15+<h2>2.0.8の変更点</h2>
16+<h3>全般</h3>
17+<ul>
18+<li>SDL_fmod()とSDL_log10()の追加
19+<li>SDL数学関数はそれぞれfloat版が利用可能になる
20+<li>YUV色空間に/から変換するとき使用される計算式を制御するSDL_SetYUVConversionMode()とSDL_GetYUVConversionMode()の追加. オプションはJPEG, BT.601, BT.709
21+</ul>
22+<h3>Windows</h3>
23+<ul>
24+<li>Windows UWPでWASAPIへの対応を実装. 非推奨のXAudio2実装を削除
25+<li>Windows 7以降でWASAPIによるリサンプリングを追加
26+</ul>
27+<h3>Windows UWP</h3>
28+<ul>
29+<li>アプリケーションが実行されているデバイスの種類を得るSDL_WinRTGetDeviceFamily()の追加
30+</ul>
31+<h3>Mac OS X</h3>
32+<ul>
33+<li>MacにおけるVulkan SDKの対応を追加:
34+<ul style="list-style:none;">
35+<li><a href="https://www.lunarg.com/lunarg-releases-vulkan-sdk-1-0-69-0-for-mac/">https://www.lunarg.com/lunarg-releases-vulkan-sdk-1-0-69-0-for-mac/</a>
36+</ul>
37+<li>可能なときANGLEを使ったOpenGL ESへの対応を追加
38+</ul>
39+<h3>Mac OS X / iOS / tvOS</h3>
40+<ul>
41+<li>Metal 2Dレンダーを追加
42+<li>Metalを使ってSDLレンダリングするとき, アプリケーションの描画を挿入するSDL_RenderGetMetalLayer()とSDL_RenderGetMetalCommandEncoder()の追加
43+</ul>
44+<h3>iOS</h3>
45+<ul>
46+<li>iPhone Xでホームインジケーターバーを隠すか否かを制御するSDL_HINT_IOS_HIDE_HOME_INDICATORヒントの追加. デフォルトはフルスクリーンアプリケーションでは暗くして, ウィンドウアプリケーションでは表示する
47+</ul>
48+<h3>iOS / Android</h3>
49+<ul>
50+<li>ソフトウェアキーボードのリターンキーはキーボードを隠すか, キーイベントを送るか(デフォルト)を制御するSDL_HINT_RETURN_KEY_HIDES_IMEヒントの追加
51+</ul>
52+<h3>Android</h3>
53+<ul>
54+<li>SDLはAndroid StudioとGradleでのビルドにデフォルトで対応する
55+<li>SDLはビルドにはAPI 19 SDKが必要になる. しかし依然 API 14 (Android 4.0.1)をターゲットとする
56+<li>アプリケーションがAndroid TVで実行されているかを得るSDL_IsAndroidTV()の追加
57+</ul>
58+<h3>Android / tvOS</h3>
59+<ul>
60+<li>TVリモコンはジョイスティックとしてリストに上げられるか(デフォルト), キーボードイベントを送るか制御するSDL_HINT_TV_REMOTE_AS_JOYSTICKヒントの追加
61+</ul>
62+<h3>Linux</h3>
63+<ul>
64+<li>XサーバはSDLアプリケーションのコンポーザーをスキップするか否かを制御するSDL_HINT_VIDEO_X11_NET_WM_BYPASS_COMPOSITORヒントの追加. デフォルトは"1"
65+<li>Raspberry PiとKMSDRMビデオドライバで, ダブルバッファリングまたはトリプルバッファリング(デフォルト)のどちらを使うかを制御するSDL_HINT_VIDEO_DOUBLE_BUFFERヒントの追加
66+</ul>
1567 <h2>2.0.7の変更点</h2>
1668 <h3>全般</h3>
1769 <ul>
@@ -291,7 +343,7 @@ test/testvulkan.c
291343 <li>Raspberry Pi 2に対応
292344 </ul>
293345 <h2>原文へのリンク</h2>
294-<a href="https://hg.libsdl.org/SDL/file/2088cd828335/WhatsNew.txt">Mercurial &gt; SDL / file revision</a>
346+<a href="https://hg.libsdl.org/SDL/file/f1084c419f33/WhatsNew.txt">Mercurial &gt; SDL / file revision</a>
295347 <hr>
296348 </body>
297349 </html>
旧リポジトリブラウザで表示