• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

sdl2referencejp: コミット

SDL2.0の日本語リファレンスマニュアル


コミットメタ情報

リビジョン4738303ae6166910beda4a4c07a8afcbbfca1039 (tree)
日時2018-04-08 00:17:58
作者maruhiro <maruhiro@brid...>
コミッターmaruhiro

ログメッセージ

SDL_GL_CreateContext SDL_GLContextはvoid *のエイリアスであることを追記 https://wiki.libsdl.org/SDL_GL_CreateContext?action=diff&rev1=17&rev2=18

変更サマリ

差分

--- a/SDL_GL_CreateContext.html
+++ b/SDL_GL_CreateContext.html
@@ -45,8 +45,13 @@ SDL_GL_DeleteContext(glcontext);
4545 </code>
4646 </p>
4747 <h2>詳細</h2>
48+<p>
4849 新たにOpenGLを使うWindowsユーザーは, 歴史的な理由で, OpenGLバージョン1.1で追加されたGL関数はデフォルトでは使えないことに注意しなければならない.
4950 これらの関数は, OpenGL拡張を扱うライブラリ, または<a href="SDL_GL_GetProcAddress.html">SDL_GL_GetProcAddress()</a>とその関連の関数で実行中に読み込むことができる.
51+</p>
52+<p>
53+SDL_GLContextはvoid *のエイリアスである.
54+</p>
5055 <h2>関連項目(関数)</h2>
5156 <a href="SDL_GL_DeleteContext.html">SDL_GL_DeleteContext</a><br>
5257 <a href="SDL_GL_MakeCurrent.html">SDL_GL_MakeCurrent</a><br>
旧リポジトリブラウザで表示