ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

PukiWiki Adv.は、PukiWiki Plus! i18nのPHP5.4対応のHTML5 + jQuery + jQuery UI + jQuery Mobileポートです。コードの最適化を多く行なっているため、多くの場合において、PukiWikiや、PukiWiki Plus!よりも軽く動作します。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2013-11-16 19:54
PukiWiki Advance 2.0.0-beta (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

2.0.0のベータ版です。無印版から原型を留めないくらいコアの部分を書き直しました。

本リリースからインストールの仕方が変わります。外部ライブラリをツリーから削除し、composerによる自動ダウンロード&自動アップデートするようにしています。composerをダウンロードして設置ディレクトリのルートに置き、composer updateを実行してください。

シェルが使えないサーバーの場合、ローカルでcomposerを実行してライブラリを取得する必要があります。

Windowsの場合、Winginxのhomeディレクトリにフォルダを展開し、Shiftキー+右クリックでコマンドプロンプトを出して、composer updateと打ち込んでください。自動的に外部ライブラリを取得します。

変更履歴

・PHP5.5対応。
・composerによる外部ライブラリ管理。
・コアをオブジェクト指向のコードで完全に書きなおした。
・キャッシュ処理をZend Cacheに。memcacheは不要になりました。(本体改造で使用することは可能です)
・キャッシュ処理を強化しました。ページ一覧、用語集、自動リンクなどでもキャッシュするようにし、動作速度を向上させました。
・HTML出力をバッファに貯めこんで出力するようにした。(xrea対策)
・jQueryを1.10に更新
・HTML5 BoilerplateによるCSSリセットから、Twitter BootstrapによるCSSリセットに変更
・一部のアイコンjQuery UIのものから、Font Awesomeによるアイコンフォントにした。
・ページ一覧表示処理を改良。デフォルトで読みを取得するように。中国語(ピンイン読み)、韓国語にも対応。
・関連リンクの処理をSqliteによる処理に変更。
・MathJaxに対応(http://abicky.net/pukiwiki/plugins/index.php?mathjax.inc.php