ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

OrangeSignal (オレンジシグナル) は、株や為替・先物など金融・投資に関する Java のライブラリーやフレームワークを提供する OSS (オープンソース・ソフトウェア) プロジェクトです。

OrangeSignal Technical Analysis

  • テクニカル指標やローソク足パターンなど 200 種類以上提供するテクニカル指標計算ライブラリ

OrangeSignal Trading System Environment

  • 簡単に高速かつ高機能なシステムトレード環境を構築するためのライブラリ/フレームワーク

OrangeSignal Chart (予定)

  • 高機能相場チャート描画ライブラリ

また一般分野 (投資分野以外) で有用なモジュールも提供しています。

OrangeSignal CSV

  • CSV 入出力操作を簡易化させるパワフルであらゆるシチュエーションにマッチ可能な CSV ライブラリ

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2009-08-25 00:00
OrangeSignal Trading System Environment 2.1.0 (2 個のファイル 非表示)

リリースノート

このバージョンはパッケージ名の変更やリファクタリングによる機能の統廃合が主なマイナーリリースです。尚、このバージョンから Seasar2 向けのコンポーネントは別提供となりますので、Seasar2 向けコンポーネントをご利用の場合、別途ダウンロードが必要です。

変更履歴

OrangeSignal Trading System Environment 変更履歴
================================================
http://orangesignal.sourceforge.jp/trading/


バージョン 2.1.0
----------------

全般
* パッケージ jp.sourceforge.* -> jp.sf.* へ変更
* パフォーマンスレポートの手数料モデルが適切に出力されるよう修正
* Apache Commons Lang への依存性を排除

パッケージ jp.sf.orangesignal.trading.backtest.launcher
* BacktesterLauncher を jp.sf.orangesignal.trading.backtest パッケージへ移動
* S2BacktesterLauncher を OrangeSignal Trading System Environment for Seasar2 モジュールへ分離
* StringManager を OrangeSignal Technical Analysis の jp.sf.orangesignal.ta.util パッケージへ移動

パッケージ jp.sf.orangesignal.trading.stats.report
* EquityCurveReporter 追加