osg.png

このWikiは、Open Source Group Japanが運営しています。Open Source Group JapanのWebはこちらへどうぞ。

リソース

最近の更新

2013-06-24
2011-09-06
2009-12-26
2009-07-02
2008-06-30

サイドバー

Pythonライセンス(CNRI Pythonライセンス)

CNRIオープンソース・ライセンス契約

重要: 以下の契約をよくお読みください。

下に表示されている「受諾する」をクリックするか、Python 1.6, beta 1ソフトウェアを複製、インストール、またはその他の方法で使用することによって、あなたは本ライセンス契約の諸条件に同意したものと見なされます。

1. 本ライセンス契約は、1895 Preston White Drive, Reston, VA 20191に事務所を置くCorporation for National Research Initiatives(以下「CNRI」)と、2000年8月4日にインターネット・サイトwww.python.orgでリリースされた、ソースまたはバイナリ形式のPython 1.6, beta 1ソフトウェア(以下「Python 1.6b1」)とその関連文書にアクセスし、またはその他の方法でそれらを使用する個人または組織(以下「被許諾者」)との間で交わされます。

2. 本ライセンス契約に定める諸条件に従って、CNRIは被許諾者に対し、Python 1.6b1を単体で、または何らかの派生バージョンで、複製、解析、テスト、公然と実行および/または表示、派生成果物の作成、頒布、その他の方法で使用する非独占的な、権利使用料無料の、世界規模のライセンスを付与します。ただし、Python 1.6b1単体または被許諾者が作成する何らかの派生バージョンで、CNRIのライセンス契約を保持することを条件とします。

あるいは、CNRIのライセンス契約に代えて、被許諾者は次の文言を使用することもできます(括弧を除く)。 「Python 1.6, beta 1は、CNRIのライセンス契約の諸条件に従って提供されます。 この契約は、インターネット上で1895.22/1011という一意の永続的な識別名(ハンドルと呼ばれる)を使用して見つけることができます。 また、http://hdl.handle.net/1895.22/1011というURLを使用して、インターネット上のプロキシ・サーバから入手することもできます。」

3. 被許諾者が、Python 1.6b1またはその一部を基にして、またはそれを組み込んで派生成果物を作成する場合で、かつ、ここに規定されているように派生成果物を公開する場合、被許諾者はPython 1.6b1をどのように変更したかについて、当該成果物に表示することに同意するものとします。

4. CNRIは、Python 1.6b1を「現状のまま」で被許諾者に提供します。 明示であるか暗黙であるかを問わず、CNRIはいかなる表明も保証も行いません。 一例として、CNRIは商品性または特定の目的への適合性について、あるいはPython 1.6b1の使用が第三者の権利を侵害しないかどうかについていかなる表明も保証も行わず、また一切の責任を負いません。

5. CNRIは、被許諾者またはソフトウェアの他のすべての利用者に対し、Python 1.6b1またはその派生物を使用、変更、頒布したことに起因するいかなる偶発的損害、特別損害、派生的損害または損失についても一切の責任を負いません。CNRIがその可能性について知らされていた場合も同様です。

6. 本契約中の諸条件の重大な違反があった場合、本ライセンス契約は自動的に失効します。

7. 本ライセンス契約は、法律の抵触条項を除いて、米国バージニア州の法律の定めに従い、すべての点でこの法律に従って解釈されます。 本ライセンス契約により、CNRIと被許諾者との間に代理、提携、または合弁の関係が生じることは一切ありません。 本ライセンス契約は、被許諾者あるいは何らかの第三者の製品またはサービスを是認または促進する目的で、CNRIの商標、もしくは商標の意味での商標名を使用することを許可するものではありません。

8. 表示されている「受諾する」ボタンをクリックするか、Python 1.6b1を複製、インストール、またはその他の方法で使用することによって、被許諾者は本ライセンス契約の定める諸条件に従うことに同意するものとします。

受諾する