チケット #34959

MathPlayer や MathML に対応する数式の読み上げと点字出力

登録: 2015-03-07 10:21 最終更新: 2015-06-22 09:21

報告者:
担当者:
(未割り当て)
チケットの種類:
状況:
オープン
コンポーネント:
マイルストーン:
(未割り当て)
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
直さない
ファイル:
なし

詳細

MathPlayer や MathML に対応する NVDA での数式の読み上げと点字出力が進んでいることが、 本家から発表されました。

http://community.nvda-project.org/blog/NVDAMathBeta

http://www.dessci.com/en/company/press/releases/150305.htm

本件は日本語化に関していろいろ課題がありそうなので、 とりあえずチケットを作り、検討を始めたいと思います。

この MathML 対応は音声や点字に関わる基本的な機能の再設計が関わっています。

NVDA の将来にとって重要な作業です。

チケットの履歴 (8 件中 3 件表示)

2015-03-07 10:21 更新者: nishimoto
  • 新しいチケット "MathPlayer や MathML に対応する数式の読み上げと点字出力" が作成されました
2015-04-09 22:10 更新者: nishimoto
  • コンポーネント(未割り当て) から 本家 に更新されました
コメント

以下、本家のテスト版で確認したこと:

Beta support for Math Available to NVDA Users http://community.nvda-project.org/blog/NVDAMathBeta

ここには MathPlayer 4 beta が紹介されている。

* MathPlayer 4 beta + IE11 * Firefox

の両方で数式サポートの動作を確認できている。

例えば

http://www.w3.org/Math/XSL/csmall2.xml

をひらいて数式のところで NVDA+alt+m を押すと、数式ナビゲーションのモードになり、 式を構成する要素をひとつずつ確認したり、 階層を上がったり下がったりできる。

数式ナビゲーションのモードでは点字ディスプレイには Nemeth コードが表示される。

この作業はまだ本家 next にさえマージされていない。

本家のチケット: http://community.nvda-project.org/ticket/4673

このチケットはとりあえず本家の実装を日本語版にちゃんとマージできるまでの作業を扱う。

2015-05-06 10:48 更新者: nishimoto
コメント

本家 2015.2 に数式サポートが入ったので、日本語版の説明になにかコメントをしておきたい。

対応している点字表記が Nemeth コードであることなど、補足が必要と思われる。

2015-05-07 11:45 更新者: nishimoto
コメント

数式読み上げをサポートするために en/symbols.dic の変更が行われる見込みで、 数学記号の読み上げレベルなどが変更される。

http://community.nvda-project.org/ticket/3799

一部の変更は 2015.2 ですでに実施済み、一部は 2015.3 に持ち越しか。

日本語の symbols.dic は記号読み上げレベルを無指定にすれば、 英語のレベルがそのまま引き継がれるが、 わざわざ指定しているものが大半なので、追従してなにかする必要があるかも。

2015-06-03 21:49 更新者: nishimoto
  • マイルストーン2015.2jp (完了済み) から (未割り当て) に更新されました
  • 解決法なし から 直さない に更新されました
  • コンポーネント本家 から 外部ツール に更新されました
コメント

2015.2jp に向けては #35208 NVDA の言語が日本語のときに数式コンテンツの操作ができない の検討をしましたが、暫定的な対策だけで手一杯でした。

対話的ナビゲーションがちゃんと日本語で動かないのは、本当に MathPlayer の実装の制約なのか、要検討。

数式読み上げは日本語対応も含めて MathPlayer の中で実装されているので NVDA からは手を出せないようです。 MathPlayer 4 の正式版がリリースされたら再評価したいと思います。

このチケットはいったんマイルストーンを解除します。

2015-06-16 17:27 更新者: nishimoto
コメント

#35208 で報告した現象ですが、 下記を NVDA 2015.2jp + MathPlayer 4.0beta1 + Firefox で閲覧すると、 「数式を英語で読み上げる」をチェックなしにしても、 NVDA+Alt+m で数式操作モードに入り、左右や上下の矢印キーで移動できています。

https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Mozilla/MathML_Project/MathML_Torture_Test

2015-06-16 17:31 更新者: nishimoto
コメント

「数式を英語で読み上げる」チェックなしのときに JTalk が「2乗」を「に の」と読み上げている。 「乗る」の「乗」で「の」という単漢字読みが付与されているらしい。

エックス 
の 
2 
乗 
ワイ 
の 
2 
乗

「エックス の に の ワイ の に の」と読み上げられるので、非常に使いづらいと思われる。

2015-06-22 09:21 更新者: nishimoto
コメント

JTalk の改良作業のついでに調べたら、 いままで nvdajpmiscdep の辞書に「乗」という単漢字が登録されていなかった。 次のリリースから「乗」は単漢字で「じょう」と読むようになるはず。

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

編集

このチケットにコメントを追加するには、ログインが必要です » ログインする