チケット #34889

NVDA ミートアップ東京 2015.1 基調講演、翻訳、本家チケット、アプリ開発

登録: 2015-02-09 12:52 最終更新: 2015-03-05 12:17

報告者:
担当者:
(未割り当て)
チケットの種類:
状況:
オープン
コンポーネント:
(未割り当て)
マイルストーン:
(未割り当て)
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
なし

詳細

NVDA ミートアップ東京 2015.1 西本が関わったセッションについての報告。

基調講演 2015年のNVDAとWindows環境

http://www.slideshare.net/takuyanishimoto/150207-nvdameetuptokyonishimoto

  • スライド2 グラフ補足:2014年を通じて NVDA 日本語版のサーバーの更新チェック数。1月は100くらい。12月は600くらい。年末年始だけ500弱に落ち込み。
  • スライド3 グラフ補足:2014.1jp から 2014.4jp までのバージョンの入れ替わりの様子。いちおうリリースされるたびに大半は入れ替わっているが、三分の一くらい過去のバージョンを使い続けている人がいる。

NVDA 2015.1 の翻訳

内容はチケット #34708 を参照のこと。 会場では最初の数項目しか終わらず、残りは帰りの新幹線で片付けました。

写真をとっていただいてました https://twitter.com/septuor/status/563937847250395136

音声を出したり、文字を拡大したりしながら作業を共有しましたが、プロジェクターやスピーカーを使うべきだったかも。

Subversion や POEdit の紹介などもまったくできませんでした。

NVDA のチケット

nishimotz で本家チケットを検索

http://community.nvda-project.org/search?q=nishimotz&noquickjump=1&ticket=on

本家 Trac へのアカウント登録の方法を確認して、4351 と 4350 の内容を読み上げながら説明しました。

バグ報告の基本は「手順と結果の箇条書き」。

本家版で検証した結果を報告すること。

本家スナップショットのダウンロード:

http://community.nvda-project.org/wiki/Snapshots

日本語チームでの問い合わせがあったタスクについては、日本語チームのチケットと、本家のチケットを両方作っている。

NVDA に対応したアプリ開発

まずはアプリが MSAA/UIA に対応すること。ナレーターで使えるアプリを作ることが第一目標。

Engineering Software for Accessibility By Microsoft Corporation

Publisher: Microsoft Press Ebook: April 2010 (eBook として販売されていると同時に、Microsoft から PDF で配布されている)

つぎに NVDA アドオンで解決できることがあるか検討する。

アドオン開発者ガイド

http://addons.nvda-project.org/devDocs/devDocs.ja.html

NVDA ControlClient で音声や点字の出力を行うのは最後の手段であり、できるだけ避けて欲しい。

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

チケットの履歴 (2 件中 2 件表示)

2015-02-09 12:52 更新者: nishimoto
  • 新しいチケット "NVDA ミートアップ東京 2015.1 基調講演、翻訳、本家チケット、アプリ開発" が作成されました
2015-03-05 12:17 更新者: nishimoto
コメント

「日盲連 声のひろば」でミートアップの取材と講演の内容が公開されました。

http://nichimou.org/magazine-tape/voice/

2.“無料”であること以上の価値を求めて ~NVDA日本語チーム 代表 西本卓也さん~ (18分56秒)

3. 【ダイジェスト】講演「2015年のNVDAとWindows環境」 ~NVDAミートアップ東京2015.1から~(20分37秒)

編集

このチケットにコメントを追加するには、ログインが必要です » ログインする