チケット #32115

eSpeak が日本語テキストを Japanese Letter Chinese Letter としか読まない

登録: 2013-09-25 10:46 最終更新: 2013-12-05 14:26

報告者:
担当者:
チケットの種類:
状況:
完了
コンポーネント:
マイルストーン:
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
修正済み
ファイル:
なし

詳細

eSpeak が日本語テキストを Japanese Letter Chinese Letter としか読まない問題について bitbucket の jtalk ブランチで検討をしています。

本来はトピックごとにブランチを分割するべきですが、jtalk のリファクタリングと並行して行っている実験のため、ブランチを jtalk から分離していません。

現在やっていることは espeak ドライバに実質1行のパッチをあてて、文字コードの判定を行い、日本語の文字が使われている場合は、NVDA日本語版の点訳エンジンでカナ表記に変換し、さらにカナ文字を英語エンジンで読ませるための文字列変換を行う、という処理です。

チケット 32073 言語属性が英語でないコンテンツの英語TTSでの読み上げ

http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=4221&tid=32073

の逆のアプローチとも言えます。

やっていることは下記の記事に似ています。

http://neu101.seesaa.net/article/159684939.html

また、下記の記事のような作業を組み合わせると、よりネイティブな eSpeak 日本語化ができるかも知れません。

http://d.hatena.ne.jp/mandel59/20100224/1267019490

現時点での eSpeak 日本語対応には、下記のような問題があります。

  • Japanese Letter と読まれるよりはマシだが日本語音声エンジンとしては実用的ではない
  • スペル読みを正しくサポートしていない
  • 数字が出てくると one two three と読み上げるなど、日本語ネイティブのユーザーには好まれない仕様

しかし、NVDA 日本語版を使っていてもたまにエンジンが eSpeak に切り替わってしまうことがあるため、NVDA メニューを開いて元の設定にも戻すくらいの作業は eSpeak でできたら便利かも知れません。

eSpeak の日本語対応は長期の戦略的課題であるため、実用性の観点からは力を入れるべき作業ではありませんが、余力があれば改良を進めたいと思います。

チケットの履歴 (3 件中 3 件表示)

2013-09-25 10:46 更新者: nishimoto
  • 新しいチケット "eSpeak が日本語テキストを Japanese Letter Chinese Letter としか読まない" が作成されました
2013-10-09 23:32 更新者: nishimoto
2013-12-05 14:26 更新者: nishimoto
  • 担当者(未割り当て) から nishimoto に更新されました
  • チケット完了時刻2013-12-05 14:26 に更新されました
  • 状況オープン から 完了 に更新されました
  • 解決法なし から 修正済み に更新されました
  • コンポーネント(未割り当て) から 音声合成 に更新されました

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

編集

このチケットにコメントを追加するには、ログインが必要です » ログインする