チケット #23621

4.15にてアプリ起動に影響がある。

登録: 2010-11-08 18:51 最終更新: 2010-11-15 23:55

報告者:
担当者:
チケットの種類:
状況:
完了
コンポーネント:
(未割り当て)
マイルストーン:
(未割り当て)
優先度:
7
重要度:
5 - 中
解決法:
なし
ファイル:
なし

詳細

メールで御連絡頂いたもの。

TSF対応のために、hook関係は、いじってあるので、影響が出たのかもしれない。 まずは再現に努める。

当方、4.15で問題がありましたのでご報告致します。
現状は4.14に戻して問題なく動いています。

【現象】
ちょっと説明しずらいのですが、4.15を実行していると、
他のプロセスの起動時にデッドロックしたような状態に
なることがあります。4.14ではこのような現象は見られません。

また、のどかを一時停止しただけでは変わらず、
終了させておくと再現しなくなりました。

当方で気が付いたものは、
●ロジクールのマウス設定アプリ(SetPoint)。
  Webアップデートの「いますぐチェック...」と「設定...」を押す度に
 タスクマネージャで見ていると、新たなプロセスが起動しますが、
 画面上はなにも起こらずプロセスだけが増えていきます。

●Visual Studio 2005
 C++で書かれた自作のプログラムをIDE内から起動した場合、
  プロセス自体は起動するもののそのまま固まってしまいます。
  デバッガ上の場合、停止するとデッドロックしているらしい事を言われます。

時間がなくてそれ以上は追求せずに4.14に戻してしまったのですが、
あるアプリから別のプロセスが起動される場合に現象が起こるような感じです。

【環境】
CPU: Intel Core i7 950 (3GHz)
Mem: 3GB
OS: Windows 7 Professional (32bit版)


チケットの履歴 (4 件中 3 件表示)

2010-11-08 18:51 更新者: applet
  • 新しいチケット "4.15にてアプリ起動に影響がある。" が作成されました
2010-11-09 22:30 更新者: applet
コメント

SetPointについては、CPU使用率が高い時には、設定、いますぐチェックのいずれもボタンもウィンドウを開きにくい。 プロセスは、増えたままになることについては、非再現。

なお、4.15, 4.14の起動の有無、あるいはインストールの有無に関係なく、上記の状況であるが たしかに、4.14の時の方が、SetPointの上記のウィンドウは開きやすい。

これは、dotnet_starter.exeがスタートアップで起動するため、のどか と SetPointの起動タイミングが 4.14環境と、4.15環境では異なるようだ。

4.15環境に dotnet_starter.exeをスタートアップで起動するようにすると、4.14を入れた環境と似た状況になる。

本件は、不具合ともなんとも言い難い。

ただし、VS2005からIDE起動アプリの方は、やはり hook系の不具合であろうと予想する。 なお、http://www.wankichi.net/eeffsh/download/ENDEFFECTORsharp_16.1938_Trial.exe との不具合がデグレって発生したのかもと考え、実施したが4.15でも発生せず、異なる状況である。

2010-11-14 16:49 更新者: applet
コメント

http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=3682&tid=23674 でのIE8起動エラーの不具合修正では、まだ治っていないことが判明。

2010-11-15 23:55 更新者: applet
  • チケット完了時刻2010-11-15 23:55 に更新されました
  • 状況オープン から 完了 に更新されました
コメント

sirius_hook_x86,x64.dllにおいて、SHGetMalloc()が失敗したときに、DLLをフックしたアプリを異常終了させていた。 パッチは、天狼作者にも送る必要がある。

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

編集

ログインしていません。ログインしていない状態では、コメントに記載者の記録が残りません。 » ログインする