• R/O
  • SSH
  • HTTPS

mutt-j: コミット


コミットメタ情報

リビジョン482 (tree)
日時2020-08-17 16:52:09
作者ribbon

ログメッセージ

update translation init.h (1.14.6)

変更サマリ

差分

--- mutt-ja-doc/trunk/doc/init.h (revision 481)
+++ mutt-ja-doc/trunk/doc/init.h (revision 482)
@@ -27,7 +27,7 @@
2727 #include "buffy.h"
2828
2929 #ifndef _MAKEDOC
30-/* If you add a data type, be sure to update doc/makedoc.c */
30+/* If you add a data type, be sure to update doc/makedoc.pl */
3131 #define DT_MASK 0x0f
3232 #define DT_BOOL 1 /* boolean option */
3333 #define DT_NUM 2 /* a number (short) */
@@ -360,6 +360,43 @@
360360 ** .pp
361361 ** $$fast_reply も参照してください。
362362 */
363+ { "background_edit", DT_BOOL, R_NONE, {.l=OPTBACKGROUNDEDIT}, {.l=0} },
364+ /*
365+ ** .pp
366+ ** \fIset\fP の場合、Mutt はメッセージ編集中に裏で $$editor を動かします。
367+ ** ランディングページが表示され、$$editor の終了を待ちます。
368+ ** ランディングページを終了すると、メールボックスを閲覧したり、他のメッセージを
369+ ** 編集出来るようになります。裏で動いているセッションは
370+ ** \fC<background-compose-menu>\fP 機能経由で戻ることが出来ます。
371+ ** .pp
372+ ** 裏での編集を適切に行うために、 $$editor は Mutt ターミナルを使わない
373+ ** エディタを設定する必要があります。たとえば、グラフィカルエディタ、あるいは
374+ ** 別の GNU Screen ウィンドウでエディタを起動する(そして待ち合わせする)
375+ ** スクリプトなどです。
376+ ** .pp
377+ ** 詳細については `$bgedit'' (マニュアル中の "バックグラウンド編集")を
378+ ** 参照してください。
379+ */
380+ { "background_confirm_quit", DT_BOOL, R_NONE, {.l=OPTBACKGROUNDCONFIRMQUIT}, {.l=1} },
381+ /*
382+ ** .pp
383+ ** \fIset\fP の場合、裏で何らかの編集セッションがある場合、
384+ ** $$quit prompt に加えて、Mutt 終了時に確認メッセージを表示します。
385+ */
386+ { "background_format", DT_STR, R_MENU, {.p=&BackgroundFormat}, {.p="%10S %7p %s"} },
387+ /*
388+ ** .pp
389+ ** この変数は ``background compose'' メニューでのフォーマットを記述します。
390+ ** 以下の\fCprintf(3)\fP風の書式が使用可能です。
391+ ** .dl
392+ ** .dt %i .dd 親メッセージ id (返信と転送メッセージ用)
393+ ** .dt %n .dd メニュー上の実行番号
394+ ** .dt %p .dd $$editor process の pid
395+ ** .dt %r .dd カンマで区切られた ``To:'' 受信者のリスト
396+ ** .dt %R .dd カンマで区切られた ``Cc:'' 受信者のリスト
397+ ** .dt %s .dd メッセージの題名
398+ ** .dt %S .dd $$editor process のステータス: running/finished
399+ */
363400 { "beep", DT_BOOL, R_NONE, {.l=OPTBEEP}, {.l=1} },
364401 /*
365402 ** .pp
@@ -487,9 +524,6 @@
487524 { "compose_format", DT_STR, R_MENU, {.p=&ComposeFormat}, {.p="-- Mutt: Compose [Approx. msg size: %l Atts: %a]%>-"} },
488525 /*
489526 ** .pp
490- ** Controls the format of the status line displayed in the ``compose''
491- ** menu. This string is similar to $$status_format, but has its own
492- ** set of \fCprintf(3)\fP-like sequences:
493527 ** ``編集'' メニューで表示されているステータス行のフォーマットを制御します。
494528 ** この文字列は$$status_formatと似ていますが、\fCprintf(3)\fP風の、固有の
495529 ** パラメータを使います:
旧リポジトリブラウザで表示