ダウンロードリスト

プロジェクト概要

画面上でグラフィカルに分子モデルを組み立てるソフトウェア。Mac OS X と Windows で動作する。GAMESS, Gaussian などの計算化学ソフトウェアとの連携、組み込み Ruby インタプリタによる自動編集などの機能を持つ。 公式ホームページ: https://molby.osdn.jp/

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2014-03-28 20:40
molby 1.0b01 (4 個のファイル 非表示)

リリースノート

今回からベータ版とします。
グラフィックツールキットを wxWidgets 2.8 から wxWidgets 3.0 に変更。
Windows: MDI インターフェイスを廃止し、マルチウィンドウにした。
内蔵 Ruby を 1.8.7 から 2.0.0 に変更。
C60 フラーレン、ねじれ舟型シクロヘキサン、金属の配位構造などを predefined structure として追加。
Antechamber が原子タイプと電荷について別々に実行できるようにした。
UFF パラメータを内蔵。
Ruby ダイアログでグラフィック描画ができるようになった(ドキュメントはまだない)
メニューを整理。特に "Xtal" メニューを新設した。
ORTEP3 を内蔵。グラフィックインターフェイスも作成した。
メインウィンドウの印刷・エキスポートを実装。
スペースフィリング表示を実装。
その他バグ修正多数。

変更履歴

First beta release.
The graphic toolkit is changed from wxWidgets 2.8 to wxWidgets 3.0.
Windows: the application no longer uses MDI interface, but uses multi-window interface.
Embedded Ruby is now 2.0.0 instead of 1.8.7.
C60 fullerene, twist-boat cyclohexane, metal coordination motifs are introduced as the predefined structure.
Antechamber can be called for charge and atom types separately.
UFF parameters are included.
Graphic drawing is implemented in Ruby Dialog (not documented yet).
Main menu is rearranged (in particular, there is now a "Xtal" menu)
ORTEP3 is included, and graphic user interface for drawing ORTEP is provided.
Printing and exporting the main window is now supported.
Space-filling view is implemented.
Many bug fixes.