• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

MiMicSDK: レポジトリ概要

MiMicSDK


最近のコミット RSS

Rev. 日時 作者 メッセージ
6f577ed 2016-06-04 16:08:21 nyatla master r114(libMiMic@mbed.org) update libMiMic mbed.org r114
46823da 2015-11-15 17:07:56 nyatla SVN-final add mbed.html git-svn-id: http://svn.osdn.jp/svnroot/mim...
6bb705e 2014-07-28 01:16:29 nyatla githubへmbedJSのJavascriptAPIを移動 git-svn-id: http://s...
4da9279 2014-07-23 12:34:41 nyatla 100,10,110等のipアドレスを正しく表示できなかった問題を修...
9939944 2014-07-20 21:17:31 nyatla テストケースの更新 git-svn-id: http://svn.osdn.jp/svnroo...
8e9e65f 2014-07-20 21:11:44 nyatla dispose関数の追加 AnalogOutのバグ修正 関数名短縮 コメント...
f1a34aa 2014-07-10 18:16:07 nyatla 2.0.2 ペリフェラルクラスのコールバック引数対応。 MCUは未...
ae90363 2014-07-04 20:27:13 nyatla ドキュメントの修正 git-svn-id: http://svn.osdn.jp/svnroo...
4782a53 2014-07-04 10:50:36 nyatla jsonrpcのバグフィクス git-svn-id: http://svn.osdn.jp/svn...
8211b86 2014-07-04 01:45:46 nyatla mbedJSのMCUに関数を追加 git-svn-id: http://svn.osdn.jp/s...

最近変更されたタグ

名前 Rev. 日時 作者
r114(libMiMic@mbed.org) 6f577ed 2016-06-04 16:08:21 nyatla
SVN-final 46823da 2016-06-03 18:50:26 nyatla

ブランチ

名前 Rev. 日時 作者 メッセージ
master 6f577ed 2016-06-04 16:08:21 nyatla update libMiMic mbed.org r114

readme.ja.txt

======================================================================
MiMic
 version 1.3.2
======================================================================

Copyright (C)2011-2012 Ryo Iizuka

http://nyatla.jp/mimic/wp
airmail(at)ebony.plala.or.jp
wm(at)nyatla.jp


----------------------------------------------------------------------
 About MiMic
----------------------------------------------------------------------
 * MiMicは、TCP/IPをインタフェイスとして、WebAPIによるハードウェア制御
 を行うソフトウェアです。Webブラウザなどから、HTTPベースのWebAPIを
 使用して、制御対象のMCU(LPCXpresso1769/mbed-M3)を制御できます。

 * ソフトウェアは、制御対象のMCUで動作するファームフェア(MiMicRemoteMCU)と、
 コントロールするためのスクリプトライブラリ(api script)で構成されています。

 * カスタムファームウェア開発のためのSDKを提供します。SDKは、擬似クラスAPI
 とスケッチシステムに対応しています。


----------------------------------------------------------------------
 MiMicの特徴
----------------------------------------------------------------------

 * MCUの持つほぼ全てのリソースを、WebAPIによりコントロールすることが
 出来ます。また、特殊な用途向けに、WebAPIからネイティブ関数をコールする
 インタフェイスがあります。

 * 同一バイナリファイルで、(Ethernetも含めて)mbed/LPCXpresso1769に対応
 します。

 * 軽量組込向けのマルチセッション対応TCPスタックと、HTTPD(HTTP/1.1対応)
 を搭載します。

 *Javascript搭載ブラウザ以外にも、Unity,PHP向けのapi scriptがあります。
 

----------------------------------------------------------------------
 MiMic License
----------------------------------------------------------------------

MiMicの本体のライセンスは、LGPLv3/カスタムライセンス/Markerライセンスの
選択性です。

実装時のライセンス解釈は、MiMicがFreeRTOSに依存しているため、次のように
なると解釈しています。

ライセンスの及ぶ範囲は、FreeRTOSを除くMiMicのMiMicの全てのソースコードです。

FreeRTOSと結合したときのライセンスは、以下のように解釈しています。


○ライセンスの解釈

MiMicのシステムは、以下の3モジュールの集合体です。

1. FreeRTOS (条件付GPL)
  ./extlib/FreeRTOS,./extlib/FreeRTOSlib
2. MiMic (LGPL3)
  ./lib
3. その他(修正BSD)
  ./project
  
"1.FreeRTOS"は、そのコードを改変しない限り、リンクするモジュール
にGPLが伝播しないと宣言しています。

そのため、FreeRTOSを改変しない限り、ユーザのコードにGPLが伝播すること
はありません。

"2.MiMic"は、LGPL3のため、改変しない限り、ユーザのコードに
GPLが伝播することはありません。

"3.その他"は、そもそもコピーレフトなライセンスではありません。

以上より、LGPLでの利用の場合は、"1,2"のモジュールの改変を行わなければ、
MiMicは通常のLGPLと同じく、ソース非公開で使用できると考えます。


----

Markerライセンスは、MiMicを(CC BY-NC-SA)の条件で利用できるライセンス
です。作品の展示などの際、改変したMiMicを使用しても、ソースコードの
開示を断ることが出来ます。
非商用目的の小規模な開発や、研究素材としてMiMicを使用するときに便利です。
詳しくはWebページでご確認ください。

カスタムライセンスは、MiMicをLGPLやMarkerライセンス以外で使用するための
ライセンスです。案件毎に条件が異なりますので、お問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------
 インストール
----------------------------------------------------------------------
以下のURLにある、getting startedをお読みください。
http://sourceforge.jp/projects/mimic/docman/

こちらのWebサイトでも、情報を公開しています。
http://nyatla.jp/mimic/wp/?page_id=129


----------------------------------------------------------------------
 外部ライブラリ
----------------------------------------------------------------------

*FreeRTOS
 MiMicの動作するOSです。
 http://www.freertos.org/
旧リポジトリブラウザで表示