プロジェクトの説明

Java SE を使用した MIDIデータ再生を行う GUI MIDIプレーヤープログラムで
特に再生中の画面表示については、バリエーションを増やしていける機構を持っていることが特徴で
インタラクティブ、エンターテインメント性を念頭に作成を行っています。

システム要件

【アーカイブファイル命名規則について】
以下の構成でファイル名をつけています。
<パッケージ名>-対応プラットフォーム-<バージョン>_b<ビルド番号>-<アーカイブ作成日>


【Java ランタイムについて】

  Windows 用パッケージでは Java ランタイム同梱版(windows-inc-jre)をダウンロードされた場合はインストールの必要はありません。

  ランタイム同梱版以外のパッケージでは、別途 Java ランタイムのインストールが必要です。
  あらかじめご了承くださいませ。バージョンは 6 以上が必要です。

  Java ランタイムは下記 URL からインストールできます。
  http://www.java.com/

インストール

配布物の zip ファイルを任意のフォルダに展開するだけです。 このソフトは Java を使用しているため、別途ランタイムのインストールが必要です。 あらかじめご了承くださいませ。バージョンは 6 以上が必要です... インストール方法を見る

使い方

同梱の README.html をご確認ください。 使い方を見る

ダウンロード

win32 Windows MIDIPlayer-windows-inc-jre-0.2.1_b585-20100328.zip (日付: 2010-03-28, サイズ: 29.66 MB)
macosx Mac MIDIPlayer-macosx-0.2.1_b585-20100328.tar.gz (日付: 2010-03-28, サイズ: 2.10 MB)
unix_unknown UNIX MIDIPlayer-linux-x86-0.2.1_b585-20100328.tar.gz (日付: 2010-03-28, サイズ: 1.89 MB)

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

最新の動き