• R/O
  • SSH
  • HTTPS

mergedoc: コミット


コミットメタ情報

リビジョン2894 (tree)
日時2022-05-19 18:01:01
作者cypher256

ログメッセージ

(メッセージはありません)

変更サマリ

差分

--- trunk/Pleiades/readme/readme_pleiades.txt (revision 2893)
+++ trunk/Pleiades/readme/readme_pleiades.txt (revision 2894)
@@ -37,6 +37,12 @@
3737 動作環境
3838 ──────────────────────────────────────────────────
3939
40+ ┌ 注意 -------------------------------------------------------------------------------------------
41+ │ 2022 年以降、Android Studio など IntelliJ IDEA ベースの IDE では使用できなくなりました。
42+ │ 下記を参照し、JetBrains 公式日本語パックを使用してください。
43+ │ https://pleiades.io/pages/pleiades_jetbrains_manual.html
44+ └-------------------------------------------------------------------------------------------------
45+
4046 バージョン 2020.09.20 以降
4147
4248 ・Java 11 以上
@@ -73,12 +79,12 @@
7379 eclipse.ini の -showsplash org.eclipse.platform (実際は 2 行) を削除。
7480
7581
76- ┌ 注意 ---------------------------------------------------------------------------------------------
82+ ┌ 注意 -------------------------------------------------------------------------------------------
7783 │ Pleiades を更新したり、他のプラグインを追加・更新した場合は必ず起動オプションに -clean を指定
7884 │ して起動してください。Windows の場合は同梱している "eclipse.exe -clean.cmd" で -clean 起動でき
7985 │ ます。-clean 起動しないと、<Pleiades キャッシュ・ディレクトリ> の古いプラグイン情報が使用され、
8086 │ 起動できなくなったり更新したプラグインが正常に動作しなくなったりします。
81- └---------------------------------------------------------------------------------------------------
87+ └-------------------------------------------------------------------------------------------------
8288
8389 初回起動時は自動的に -clean モードで起動します。-clean での起動は、現在の環境に合わせて次回以降の
8490 実行速度を Pleiades が最適化しますが、通常よりかなり遅くなるため、-clean の常用は避けてください。
@@ -119,17 +125,33 @@
119125
120126 Q. 起動しない / 動作が変 / 強制終了させたらおかしくなった(※)
121127
122- 1. eclipse.ini に -Xverify:none を追加し忘れていないか確認してください。
123- 2. Eclipse 起動オプション -clean を指定して起動してみてください。
124- 3. 前述の <Pleiades キャッシュ・ディレクトリ> を削除して起動してみてください。
125- 4. コマンドラインから起動し、出力されるエラーを確認してください。Windows の場合は eclipse.exe
126- ではなく eclipsec.exe を使用してください。<Pleiades キャッシュ・ディレクトリ>/pleiades.log、
127- <ワークスペース>/.metadata/.log も確認してみてください。
128+ 1. Pleiades を手動追加した場合、eclipse.ini に -Xverify:none を追加し忘れていないか確認
129+
130+ 2. Eclipse 起動オプション -clean を指定して起動
131+ ※強制終了させた場合は、必ず -clean 起動してください。初回起動や -clean での
132+  起動はマシンによっては数分かかる場合があります。
133+
134+ 3. コマンドラインから起動し、出力されるログを確認してください。Windows の場合は eclipse.exe
135+ ではなく eclipsec.exe を使用してください。
136+ <Pleiades キャッシュ・ディレクトリ>/pleiades.log
137+ <ワークスペース>/.metadata/.log
138+
139+ 4. <Pleiades キャッシュ・ディレクトリ> を削除して起動
128140
129- ※強制終了させた場合は、必ず -clean 起動してください。初回起動や -clean での起動はマシンによって
130- は数分かかる場合があります。
141+ 5. 前回のセッションが残っている場合は削除
142+ <ワークスペース>/.metadata/.plugins/org.eclipse.core.resources/.snap
143+ <ワークスペース>/.metadata/.plugins/org.eclipse.core.resources/.projects/<プロジェクト名>/.makers.snap
144+ <ワークスペース>/.metadata/.plugins/org.eclipse.core.resources/.projects/<プロジェクト名>/.syncinfo.snap
131145
146+ 6. ワークベンチ設定を削除
147+ 注意! ビュー配置などのパースペクティブ設定が初期化されます。
148+ <ワークスペース>/.metadata/.plugins/org.eclipse.e4.workbench/workbench.xmi
132149
150+ 7. 最終手段:ワークスペースを作り直す
151+ 注意! Eclipse の設定やプロジェクトなどすべて初期状態になります。
152+ 必ずワークスペースディレクトリをバックアップして実施してください。
153+
154+
133155 Q. なんかあんまり日本語化されない / ところどころ英語になってしまった
134156
135157 1. Eclipse 起動オプション -clean を指定して起動してみてください。
@@ -144,7 +166,7 @@
144166
145167 Q. 翻訳追加したい、コントリビュートして本体に組み込んでもらいたい
146168
147- 後述の起動オプションに =debug を追加してください。
169+ 後述の起動オプション debug の説明を参照してください。
148170 例)-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=debug
149171
150172 コントリビュートいただける場合はフォーラムにプロパティー形式の翻訳をご投稿ください。
@@ -235,8 +257,7 @@
235257
236258 訳が見つからなかった場合に、ログを UTF-8 のプロパティー形式で
237259 <Pleiades キャッシュ・ディレクトリ> の translation-notfound.properties に出力します。
238- ただし、キャッシュされているものは出力されないため、Eclipse の場合は -clean で起動、
239- IDEA 系の場合は <Pleiades キャッシュ・ディレクトリ> を手動で削除して再起動してください。
260+ ただし、キャッシュされているものは出力されないため、Eclipse の場合は -clean で再起動してください。
240261
241262 このプロパティーから訳したい行をコピーし、Pleiades の /conf/additions ディレクトリーに適当なファ
242263 イル名でプロパティー・ファイル (.properties) を作成することで、オリジナルの訳を追加することがで
--- trunk/Pleiades/readme/readme_pleiades_changes.txt (revision 2893)
+++ trunk/Pleiades/readme/readme_pleiades_changes.txt (revision 2894)
@@ -1,5 +1,7 @@
11 2022.06.19
22
3+・名前変更:「Limy プロパティー・エディター」→「Limy プロパティー・エディター (native2ascii)」
4+・Gradle プロジェクト作成時の wrapper バージョンを 7.3 → 7.4 に変更
35 ・訳追加修正: Eclipse、PDE
46
57 2022.05.15
--- trunk/Pleiades/src/main/resources/pleiades-config.xml (revision 2893)
+++ trunk/Pleiades/src/main/resources/pleiades-config.xml (revision 2894)
@@ -293,9 +293,11 @@
293293 org.eclipse.buildship.ui.internal.wizard.project.ProjectImportConfiguration config = getConfiguration();
294294 config.getOverrideWorkspaceConfiguration().setValue(Boolean.TRUE);
295295
296- // wrapper デフォルトが Java 17 未対応の Gradle 6.8 のため 7 を指定 (デフォルトが 7.x になれば不要)
296+ // 2021: wrapper デフォが Java 17 未対応の Gradle 6.8 のため 7 を指定 (デフォが 7.x になれば不要)
297+ // 2022: 過去版対応のため 7.4.x までは下記デフォに合わし、デフォが 7.5 以降になればコメントアウト
298+ // https://github.com/eclipse/buildship/tree/master/org.gradle.toolingapi
297299 config.getArguments().setValue(java.util.List.of(
298- "wrapper", "--gradle-version=7.3.3", "--init-script=../.metadata/init.gradle"));
300+ "wrapper", "--gradle-version=7.4.2", "--init-script=../.metadata/init.gradle"));
299301
300302 // macOS で JAVA_HOME 未指定だとエラー、Win でも 17 指定だとエラーになるため設定 (17 未対応?)
301303 java.io.File javaHome = ?{root}.pleiades.runtime.Applicationz.javaHome("11");
旧リポジトリブラウザで表示