• R/O
  • SSH
  • HTTPS

marathon: コミット


コミットメタ情報

リビジョン279 (tree)
日時2007-05-01 21:20:20
作者hogepiyo

ログメッセージ

*** empty log message ***

変更サマリ

差分

--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MainFrm.h (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MainFrm.h (revision 279)
@@ -0,0 +1,41 @@
1+// MainFrm.h : CMainFrame クラスのインターフェイス
2+//
3+
4+
5+#pragma once
6+class CMainFrame : public CFrameWnd
7+{
8+
9+protected: // シリアル化からのみ作成します。
10+ CMainFrame();
11+ DECLARE_DYNCREATE(CMainFrame)
12+
13+// 属性
14+public:
15+
16+// 操作
17+public:
18+
19+// オーバーライド
20+public:
21+ virtual BOOL PreCreateWindow(CREATESTRUCT& cs);
22+
23+// 実装
24+public:
25+ virtual ~CMainFrame();
26+#ifdef _DEBUG
27+ virtual void AssertValid() const;
28+ virtual void Dump(CDumpContext& dc) const;
29+#endif
30+
31+protected: // コントロール バー用メンバ
32+ CStatusBar m_wndStatusBar;
33+ CToolBar m_wndToolBar;
34+
35+// 生成された、メッセージ割り当て関数
36+protected:
37+ afx_msg int OnCreate(LPCREATESTRUCT lpCreateStruct);
38+ DECLARE_MESSAGE_MAP()
39+};
40+
41+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/stdafx.h (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/stdafx.h (revision 279)
@@ -0,0 +1,42 @@
1+// stdafx.h : 標準のシステム インクルード ファイルのインクルード ファイル、または
2+// 参照回数が多く、かつあまり変更されない、プロジェクト専用のインクルード ファイル
3+// を記述します。
4+
5+#pragma once
6+
7+#ifndef VC_EXTRALEAN
8+#define VC_EXTRALEAN // Windows ヘッダーから使用されていない部分を除外します。
9+#endif
10+
11+// 下で指定された定義の前に対象プラットフォームを指定しなければならない場合、以下の定義を変更してください。
12+// 異なるプラットフォームに対応する値に関する最新情報については、MSDN を参照してください。
13+#ifndef WINVER // Windows 95 および Windows NT 4 以降のバージョンに固有の機能の使用を許可します。
14+#define WINVER 0x0400 // これを Windows 98 および Windows 2000 またはそれ以降のバージョン向けに適切な値に変更してください。
15+#endif
16+
17+#ifndef _WIN32_WINNT // Windows NT 4 以降のバージョンに固有の機能の使用を許可します。
18+#define _WIN32_WINNT 0x0400 // これを Windows 98 および Windows 2000 またはそれ以降のバージョン向けに適切な値に変更してください。
19+#endif
20+
21+#ifndef _WIN32_WINDOWS // Windows 98 以降のバージョンに固有の機能の使用を許可します。
22+#define _WIN32_WINDOWS 0x0410 // これを Windows Me またはそれ以降のバージョン向けに適切な値に変更してください。
23+#endif
24+
25+#ifndef _WIN32_IE // IE 4.0 以降のバージョンに固有の機能の使用を許可します。
26+#define _WIN32_IE 0x0400 // これを IE 5.0 またはそれ以降のバージョン向けに適切な値に変更してください。
27+#endif
28+
29+#define _ATL_CSTRING_EXPLICIT_CONSTRUCTORS // 一部の CString コンストラクタは明示的です。
30+
31+// 一般的で無視しても安全な MFC の警告メッセージの一部の非表示を解除します。
32+#define _AFX_ALL_WARNINGS
33+
34+#include <afxwin.h> // MFC のコアおよび標準コンポーネント
35+#include <afxext.h> // MFC の拡張部分
36+#include <afxdisp.h> // MFC オートメーション クラス
37+
38+#include <afxdtctl.h> // MFC の Internet Explorer 4 コモン コントロール サポート
39+#ifndef _AFX_NO_AFXCMN_SUPPORT
40+#include <afxcmn.h> // MFC の Windows コモン コントロール サポート
41+#endif // _AFX_NO_AFXCMN_SUPPORT
42+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/res/MapEditorOne.manifest (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/res/MapEditorOne.manifest (revision 279)
@@ -0,0 +1,22 @@
1+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
2+<assembly xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" manifestVersion="1.0">
3+<assemblyIdentity
4+ version="1.0.0.0"
5+ processorArchitecture="X86"
6+ name="Microsoft.Windows.MapEditorOne"
7+ type="win32"
8+/>
9+<description>アプリケーションの説明をここに挿入します。</description>
10+<dependency>
11+ <dependentAssembly>
12+ <assemblyIdentity
13+ type="win32"
14+ name="Microsoft.Windows.Common-Controls"
15+ version="6.0.0.0"
16+ processorArchitecture="X86"
17+ publicKeyToken="6595b64144ccf1df"
18+ language="*"
19+ />
20+ </dependentAssembly>
21+</dependency>
22+</assembly>
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneDoc.cpp (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneDoc.cpp (revision 279)
@@ -0,0 +1,78 @@
1+// MapEditorOneDoc.cpp : CMapEditorOneDoc クラスの実装
2+//
3+
4+#include "stdafx.h"
5+#include "MapEditorOne.h"
6+
7+#include "MapEditorOneDoc.h"
8+
9+#ifdef _DEBUG
10+#define new DEBUG_NEW
11+#endif
12+
13+
14+// CMapEditorOneDoc
15+
16+IMPLEMENT_DYNCREATE(CMapEditorOneDoc, CDocument)
17+
18+BEGIN_MESSAGE_MAP(CMapEditorOneDoc, CDocument)
19+END_MESSAGE_MAP()
20+
21+
22+// CMapEditorOneDoc コンストラクション/デストラクション
23+
24+CMapEditorOneDoc::CMapEditorOneDoc()
25+{
26+ // TODO: この位置に1度だけ呼ばれる構築用のコードを追加してください。
27+
28+}
29+
30+CMapEditorOneDoc::~CMapEditorOneDoc()
31+{
32+}
33+
34+BOOL CMapEditorOneDoc::OnNewDocument()
35+{
36+ if (!CDocument::OnNewDocument())
37+ return FALSE;
38+
39+ // TODO: この位置に再初期化処理を追加してください。
40+ // (SDI ドキュメントはこのドキュメントを再利用します。)
41+
42+ return TRUE;
43+}
44+
45+
46+
47+
48+// CMapEditorOneDoc シリアル化
49+
50+void CMapEditorOneDoc::Serialize(CArchive& ar)
51+{
52+ if (ar.IsStoring())
53+ {
54+ // TODO: 格納するコードをここに追加してください。
55+ }
56+ else
57+ {
58+ // TODO: 読み込むコードをここに追加してください。
59+ }
60+}
61+
62+
63+// CMapEditorOneDoc 診断
64+
65+#ifdef _DEBUG
66+void CMapEditorOneDoc::AssertValid() const
67+{
68+ CDocument::AssertValid();
69+}
70+
71+void CMapEditorOneDoc::Dump(CDumpContext& dc) const
72+{
73+ CDocument::Dump(dc);
74+}
75+#endif //_DEBUG
76+
77+
78+// CMapEditorOneDoc コマンド
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneDoc.h (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneDoc.h (revision 279)
@@ -0,0 +1,39 @@
1+// MapEditorOneDoc.h : CMapEditorOneDoc クラスのインターフェイス
2+//
3+
4+
5+#pragma once
6+
7+class CMapEditorOneDoc : public CDocument
8+{
9+protected: // シリアル化からのみ作成します。
10+ CMapEditorOneDoc();
11+ DECLARE_DYNCREATE(CMapEditorOneDoc)
12+
13+// 属性
14+public:
15+
16+// 操作
17+public:
18+
19+// オーバーライド
20+ public:
21+ virtual BOOL OnNewDocument();
22+ virtual void Serialize(CArchive& ar);
23+
24+// 実装
25+public:
26+ virtual ~CMapEditorOneDoc();
27+#ifdef _DEBUG
28+ virtual void AssertValid() const;
29+ virtual void Dump(CDumpContext& dc) const;
30+#endif
31+
32+protected:
33+
34+// 生成された、メッセージ割り当て関数
35+protected:
36+ DECLARE_MESSAGE_MAP()
37+};
38+
39+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneView.cpp (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneView.cpp (revision 279)
@@ -0,0 +1,99 @@
1+// MapEditorOneView.cpp : CMapEditorOneView クラスの実装
2+//
3+
4+#include "stdafx.h"
5+#include "MapEditorOne.h"
6+
7+#include "MapEditorOneDoc.h"
8+#include "MapEditorOneView.h"
9+
10+#ifdef _DEBUG
11+#define new DEBUG_NEW
12+#endif
13+
14+
15+// CMapEditorOneView
16+
17+IMPLEMENT_DYNCREATE(CMapEditorOneView, CView)
18+
19+BEGIN_MESSAGE_MAP(CMapEditorOneView, CView)
20+ // 標準印刷コマンド
21+ ON_COMMAND(ID_FILE_PRINT, CView::OnFilePrint)
22+ ON_COMMAND(ID_FILE_PRINT_DIRECT, CView::OnFilePrint)
23+ ON_COMMAND(ID_FILE_PRINT_PREVIEW, CView::OnFilePrintPreview)
24+END_MESSAGE_MAP()
25+
26+// CMapEditorOneView コンストラクション/デストラクション
27+
28+CMapEditorOneView::CMapEditorOneView()
29+{
30+ // TODO: 構築コードをここに追加します。
31+
32+}
33+
34+CMapEditorOneView::~CMapEditorOneView()
35+{
36+}
37+
38+BOOL CMapEditorOneView::PreCreateWindow(CREATESTRUCT& cs)
39+{
40+ // TODO: この位置で CREATESTRUCT cs を修正して Window クラスまたはスタイルを
41+ // 修正してください。
42+
43+ return CView::PreCreateWindow(cs);
44+}
45+
46+// CMapEditorOneView 描画
47+
48+void CMapEditorOneView::OnDraw(CDC* /*pDC*/)
49+{
50+ CMapEditorOneDoc* pDoc = GetDocument();
51+ ASSERT_VALID(pDoc);
52+ if (!pDoc)
53+ return;
54+
55+ // TODO: この場所にネイティブ データ用の描画コードを追加します。
56+}
57+
58+
59+// CMapEditorOneView 印刷
60+
61+BOOL CMapEditorOneView::OnPreparePrinting(CPrintInfo* pInfo)
62+{
63+ // デフォルトの印刷準備
64+ return DoPreparePrinting(pInfo);
65+}
66+
67+void CMapEditorOneView::OnBeginPrinting(CDC* /*pDC*/, CPrintInfo* /*pInfo*/)
68+{
69+ // TODO: 印刷前の特別な初期化処理を追加してください。
70+}
71+
72+void CMapEditorOneView::OnEndPrinting(CDC* /*pDC*/, CPrintInfo* /*pInfo*/)
73+{
74+ // TODO: 印刷後の後処理を追加してください。
75+}
76+
77+
78+// CMapEditorOneView 診断
79+
80+#ifdef _DEBUG
81+void CMapEditorOneView::AssertValid() const
82+{
83+ CView::AssertValid();
84+}
85+
86+void CMapEditorOneView::Dump(CDumpContext& dc) const
87+{
88+ CView::Dump(dc);
89+}
90+
91+CMapEditorOneDoc* CMapEditorOneView::GetDocument() const // デバッグ以外のバージョンはインラインです。
92+{
93+ ASSERT(m_pDocument->IsKindOf(RUNTIME_CLASS(CMapEditorOneDoc)));
94+ return (CMapEditorOneDoc*)m_pDocument;
95+}
96+#endif //_DEBUG
97+
98+
99+// CMapEditorOneView メッセージ ハンドラ
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOne.cpp (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOne.cpp (revision 279)
@@ -0,0 +1,135 @@
1+// MapEditorOne.cpp : アプリケーションのクラス動作を定義します。
2+//
3+
4+#include "stdafx.h"
5+#include "MapEditorOne.h"
6+#include "MainFrm.h"
7+
8+#include "MapEditorOneDoc.h"
9+#include "MapEditorOneView.h"
10+
11+#ifdef _DEBUG
12+#define new DEBUG_NEW
13+#endif
14+
15+
16+// CMapEditorOneApp
17+
18+BEGIN_MESSAGE_MAP(CMapEditorOneApp, CWinApp)
19+ ON_COMMAND(ID_APP_ABOUT, OnAppAbout)
20+ // 標準のファイル基本ドキュメント コマンド
21+ ON_COMMAND(ID_FILE_NEW, CWinApp::OnFileNew)
22+ ON_COMMAND(ID_FILE_OPEN, CWinApp::OnFileOpen)
23+ // 標準の印刷セットアップ コマンド
24+ ON_COMMAND(ID_FILE_PRINT_SETUP, CWinApp::OnFilePrintSetup)
25+END_MESSAGE_MAP()
26+
27+
28+// CMapEditorOneApp コンストラクション
29+
30+CMapEditorOneApp::CMapEditorOneApp()
31+{
32+ // TODO: この位置に構築用コードを追加してください。
33+ // ここに InitInstance 中の重要な初期化処理をすべて記述してください。
34+}
35+
36+
37+// 唯一の CMapEditorOneApp オブジェクトです。
38+
39+CMapEditorOneApp theApp;
40+
41+// CMapEditorOneApp 初期化
42+
43+BOOL CMapEditorOneApp::InitInstance()
44+{
45+ // アプリケーション マニフェストが visual スタイルを有効にするために、
46+ // ComCtl32.dll バージョン 6 以降の使用を指定する場合は、
47+ // Windows XP に InitCommonControls() が必要です。さもなければ、ウィンドウ作成はすべて失敗します。
48+ InitCommonControls();
49+
50+ CWinApp::InitInstance();
51+
52+ // OLE ライブラリを初期化します。
53+ if (!AfxOleInit())
54+ {
55+ AfxMessageBox(IDP_OLE_INIT_FAILED);
56+ return FALSE;
57+ }
58+ AfxEnableControlContainer();
59+ // 標準初期化
60+ // これらの機能を使わずに、最終的な実行可能ファイルのサイズを縮小したい場合は、
61+ // 以下から、不要な初期化ルーチンを
62+ // 削除してください。
63+ // 設定が格納されているレジストリ キーを変更します。
64+ // TODO: この文字列を、会社名または組織名などの、
65+ // 適切な文字列に変更してください。
66+ SetRegistryKey(_T("アプリケーション ウィザードで生成されたローカル アプリケーション"));
67+ LoadStdProfileSettings(4); // 標準の INI ファイルのオプションをロードします (MRU を含む)
68+ // アプリケーション用のドキュメント テンプレートを登録します。ドキュメント テンプレート
69+ // はドキュメント、フレーム ウィンドウとビューを結合するために機能します。
70+ CSingleDocTemplate* pDocTemplate;
71+ pDocTemplate = new CSingleDocTemplate(
72+ IDR_MAINFRAME,
73+ RUNTIME_CLASS(CMapEditorOneDoc),
74+ RUNTIME_CLASS(CMainFrame), // メイン SDI フレーム ウィンドウ
75+ RUNTIME_CLASS(CMapEditorOneView));
76+ if (!pDocTemplate)
77+ return FALSE;
78+ AddDocTemplate(pDocTemplate);
79+ // DDE、file open など標準のシェル コマンドのコマンドラインを解析します。
80+ CCommandLineInfo cmdInfo;
81+ ParseCommandLine(cmdInfo);
82+ // コマンド ラインで指定されたディスパッチ コマンドです。アプリケーションが
83+ // /RegServer、/Register、/Unregserver または /Unregister で起動された場合、 False を返します。
84+ if (!ProcessShellCommand(cmdInfo))
85+ return FALSE;
86+ // メイン ウィンドウが初期化されたので、表示と更新を行います。
87+ m_pMainWnd->ShowWindow(SW_SHOW);
88+ m_pMainWnd->UpdateWindow();
89+ // 接尾辞が存在する場合にのみ DragAcceptFiles を呼び出してください。
90+ // SDI アプリケーションでは、ProcessShellCommand の直後にこの呼び出しが発生しなければなりません。
91+ return TRUE;
92+}
93+
94+
95+
96+// アプリケーションのバージョン情報に使われる CAboutDlg ダイアログ
97+
98+class CAboutDlg : public CDialog
99+{
100+public:
101+ CAboutDlg();
102+
103+// ダイアログ データ
104+ enum { IDD = IDD_ABOUTBOX };
105+
106+protected:
107+ virtual void DoDataExchange(CDataExchange* pDX); // DDX/DDV サポート
108+
109+// 実装
110+protected:
111+ DECLARE_MESSAGE_MAP()
112+};
113+
114+CAboutDlg::CAboutDlg() : CDialog(CAboutDlg::IDD)
115+{
116+}
117+
118+void CAboutDlg::DoDataExchange(CDataExchange* pDX)
119+{
120+ CDialog::DoDataExchange(pDX);
121+}
122+
123+BEGIN_MESSAGE_MAP(CAboutDlg, CDialog)
124+END_MESSAGE_MAP()
125+
126+// ダイアログを実行するためのアプリケーション コマンド
127+void CMapEditorOneApp::OnAppAbout()
128+{
129+ CAboutDlg aboutDlg;
130+ aboutDlg.DoModal();
131+}
132+
133+
134+// CMapEditorOneApp メッセージ ハンドラ
135+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneView.h (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOneView.h (revision 279)
@@ -0,0 +1,49 @@
1+// MapEditorOneView.h : CMapEditorOneView クラスのインターフェイス
2+//
3+
4+
5+#pragma once
6+
7+
8+class CMapEditorOneView : public CView
9+{
10+protected: // シリアル化からのみ作成します。
11+ CMapEditorOneView();
12+ DECLARE_DYNCREATE(CMapEditorOneView)
13+
14+// 属性
15+public:
16+ CMapEditorOneDoc* GetDocument() const;
17+
18+// 操作
19+public:
20+
21+// オーバーライド
22+ public:
23+ virtual void OnDraw(CDC* pDC); // このビューを描画するためにオーバーライドされます。
24+virtual BOOL PreCreateWindow(CREATESTRUCT& cs);
25+protected:
26+ virtual BOOL OnPreparePrinting(CPrintInfo* pInfo);
27+ virtual void OnBeginPrinting(CDC* pDC, CPrintInfo* pInfo);
28+ virtual void OnEndPrinting(CDC* pDC, CPrintInfo* pInfo);
29+
30+// 実装
31+public:
32+ virtual ~CMapEditorOneView();
33+#ifdef _DEBUG
34+ virtual void AssertValid() const;
35+ virtual void Dump(CDumpContext& dc) const;
36+#endif
37+
38+protected:
39+
40+// 生成された、メッセージ割り当て関数
41+protected:
42+ DECLARE_MESSAGE_MAP()
43+};
44+
45+#ifndef _DEBUG // MapEditorOneView.cpp のデバッグ バージョン
46+inline CMapEditorOneDoc* CMapEditorOneView::GetDocument() const
47+ { return reinterpret_cast<CMapEditorOneDoc*>(m_pDocument); }
48+#endif
49+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MainFrm.cpp (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MainFrm.cpp (revision 279)
@@ -0,0 +1,99 @@
1+// MainFrm.cpp : CMainFrame クラスの実装
2+//
3+
4+#include "stdafx.h"
5+#include "MapEditorOne.h"
6+
7+#include "MainFrm.h"
8+
9+#ifdef _DEBUG
10+#define new DEBUG_NEW
11+#endif
12+
13+
14+// CMainFrame
15+
16+IMPLEMENT_DYNCREATE(CMainFrame, CFrameWnd)
17+
18+BEGIN_MESSAGE_MAP(CMainFrame, CFrameWnd)
19+ ON_WM_CREATE()
20+END_MESSAGE_MAP()
21+
22+static UINT indicators[] =
23+{
24+ ID_SEPARATOR, // ステータス ライン インジケータ
25+ ID_INDICATOR_CAPS,
26+ ID_INDICATOR_NUM,
27+ ID_INDICATOR_SCRL,
28+};
29+
30+
31+// CMainFrame コンストラクション/デストラクション
32+
33+CMainFrame::CMainFrame()
34+{
35+ // TODO: メンバ初期化コードをここに追加してください。
36+}
37+
38+CMainFrame::~CMainFrame()
39+{
40+}
41+
42+
43+int CMainFrame::OnCreate(LPCREATESTRUCT lpCreateStruct)
44+{
45+ if (CFrameWnd::OnCreate(lpCreateStruct) == -1)
46+ return -1;
47+
48+ if (!m_wndToolBar.CreateEx(this, TBSTYLE_FLAT, WS_CHILD | WS_VISIBLE | CBRS_TOP
49+ | CBRS_GRIPPER | CBRS_TOOLTIPS | CBRS_FLYBY | CBRS_SIZE_DYNAMIC) ||
50+ !m_wndToolBar.LoadToolBar(IDR_MAINFRAME))
51+ {
52+ TRACE0("ツール バーの作成に失敗しました。\n");
53+ return -1; // 作成できませんでした。
54+ }
55+
56+ if (!m_wndStatusBar.Create(this) ||
57+ !m_wndStatusBar.SetIndicators(indicators,
58+ sizeof(indicators)/sizeof(UINT)))
59+ {
60+ TRACE0("ステータス バーの作成に失敗しました。\n");
61+ return -1; // 作成できませんでした。
62+ }
63+ // TODO: ツール バーをドッキング可能にしない場合は、これらの 3 行を削除してください。
64+ m_wndToolBar.EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY);
65+ EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY);
66+ DockControlBar(&m_wndToolBar);
67+
68+ return 0;
69+}
70+
71+BOOL CMainFrame::PreCreateWindow(CREATESTRUCT& cs)
72+{
73+ if( !CFrameWnd::PreCreateWindow(cs) )
74+ return FALSE;
75+ // TODO: この位置で CREATESTRUCT cs を修正して Window クラスまたはスタイルを
76+ // 修正してください。
77+
78+ return TRUE;
79+}
80+
81+
82+// CMainFrame 診断
83+
84+#ifdef _DEBUG
85+void CMainFrame::AssertValid() const
86+{
87+ CFrameWnd::AssertValid();
88+}
89+
90+void CMainFrame::Dump(CDumpContext& dc) const
91+{
92+ CFrameWnd::Dump(dc);
93+}
94+
95+#endif //_DEBUG
96+
97+
98+// CMainFrame メッセージ ハンドラ
99+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/stdafx.cpp (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/stdafx.cpp (revision 279)
@@ -0,0 +1,7 @@
1+// stdafx.cpp : 標準インクルードを含むソース ファイルです。
2+// MapEditorOne.pch は、プリコンパイル済みヘッダーになります。
3+// stdafx.obj にはプリコンパイル済み方情報が含まれます。
4+
5+#include "stdafx.h"
6+
7+
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/ReadMe.txt (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/ReadMe.txt (revision 279)
@@ -0,0 +1,92 @@
1+================================================================================
2+ MICROSOFT FOUNDATION CLASS ライブラリ : MapEditorOne プロジェクトの概要
3+===============================================================================
4+
5+
6+
7+ アプリケーション ウィザードが作成した MapEditorOne には Microsoft
8+ Foundation Classes の基本的な使い方が示されています。アプリケーション作成のひな型としてお使い
9+ ください。
10+ このファイルには MapEditorOne アプリケーションを構成している各ファイルの概要説明が含
11+ まれています。
12+
13+MapEditorOne.vcproj
14+ これはアプリケーション ウィザードで生成された VC++ プロジェクトのメイン プロジェクト ファイ ルです。ファイルが生成された Visual C++ のバージョン情報が含まれています。また、アプリケーシ ョン ウィザードで選択したプラットフォーム、構成およびプロジェクト機能に関する情報も含まれ ています。
15+
16+
17+MapEditorOne.h
18+ このファイルはアプリケーションの中心となるヘッダー ファイルです。このファイルには、Resource.h
19+ も含み、他のプロジェクト特定のヘッダが含まれていて、CMapEditorOneApp アプリケーション クラス
20+ の宣言をします。
21+
22+MapEditorOne.cpp
23+ このファイルは CMapEditorOneApp アプリケーションクラスを含むアプリケーションの中心となるソー
24+ スファイルです。
25+
26+MapEditorOne.rc
27+ このファイルはプログラムが使用する Microsoft Windows のリソースを列挙します。このファイルは RES
28+ サブディレクトリに保存されているアイコン、ビットマップ、カーソルを含みます。このファイルは、
29+ Microsoft Visual C++ で直接編集可能です。プロジェクト リソースは 1041 にあります。
30+
31+res\MapEditorOne.ico
32+ このファイルは、アプリケーションのアイコンとして使用されるアイコンファイルです。このアイコンは
33+ リソース ファイル MapEditorOne.rc によってインクルードされます。
34+
35+res\MapEditorOne.rc2
36+ このファイルは Microsoft Visual C++ によって編集されないリソースを含んでいます。このファイルに
37+ リソース エディタで編集されないすべてのリソースを記述してください。
38+/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
39+
40+メイン フレーム ウィンドウ :
41+ プロジェクトは標準の MFC インターフェースを含みます。
42+MainFrm.h, MainFrm.cpp
43+ これらのファイルは、 CFrameWnd で、すべての MDI フレーム機能を制御します。
44+res\Toolbar.bmp
45+ このビットマップ ファイルはツールバーのイメージとして使います。
46+ ツールバーやステータスバーの初期設定は CMainFrame クラスによってビルドされます。
47+ ツールバーのボタンコントロールを追加したい時にはツールバーのビットマップをリソースエディタで
48+ 編集し、MapEditorOne.rc ファイル内の IDR_MAINFRAME TOOLBAR 配列を変更してください。
49+/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
50+
51+アプリケーション ウィザードは 1 つのドキュメントタイプと 1 つのビューを作成します:
52+
53+MapEditorOneDoc.h, MapEditorOneDoc.cpp - ドキュメント
54+ これらのファイルは CMapEditorOneDoc クラスを含みます。特別なドキュメント データを付け加えた
55+ り、ファイルの保存や (via CMapEditorOneDoc::Serialize) を読み込んだりするには、このファイル
56+ を編集してください。
57+MapEditorOneView.h, MapEditorOneView.cpp - ドキュメントのビュー
58+ これらのファイルは CMapEditorOneView クラスを含みます。
59+ CMapEditorOneView オブジェクトは CMapEditorOneDoc オブジェクトを表示するために使用され
60+ ます。
61+/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
62+
63+その他の機能 :
64+
65+ActiveX コントロール
66+ アプリケーションは ActiveX コントロールの使用に関するサポートを含みます。
67+
68+印刷と印刷プレビューのサポート
69+ アプリケーション ウィザードでは MFC ライブラリから CView クラスのメンバ関数を呼び出すことによっ
70+ て、印刷、印刷の設定、そして印刷プレビューコマンドを処理できるようコード生成が行われました。
71+/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
72+
73+その他の標準ファイル :
74+
75+StdAfx.h, StdAfx.cpp
76+ これらのファイルは既にコンパイルされたヘッダー ファイル (PCH) MapEditorOne.pch や既にコン
77+ パイルされた型のファイル StdAfx.obj をビルドするために使われるファイルです。
78+
79+Resource.h
80+ このファイルは新規リソース ID を定義する標準ヘッダー ファイルです。Microsoft Visual C++ はこの
81+ ファイルの読み込と更新を行います。
82+
83+/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
84+
85+その他の注意 :
86+
87+アプリケーション ウィザードは "TODO:" で始まるコメントを使用して、追加したりカスタイズの必要な
88+ ソース コードの部分を示します。
89+
90+アプリケーションで共有 DLL 内で MFC を使用する場合や、アプリケーションがオペレーティング システムで現在使用している言語以外の言語を使用している場合は、Win\System ディレクトリにある Microsoft Visual C++ CD-ROM から、ローカライズされたリソースに対応する MFC70XXX.DLL を system または system32 ディレクトリにコピーして、ファイル名を MFCLOC.DLL にする必要があります。("XXX" は言語の省略形を示します。例えば、MFC70JPN.DLL は日本語に翻訳されたリソースを含みます。) この例を無視するとアプリケーション内のいくつかの UI 要素はオペレーティング システムの言語のまま残ります。
91+
92+/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOne.h (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/MapEditorOne.h (revision 279)
@@ -0,0 +1,31 @@
1+// MapEditorOne.h : MapEditorOne アプリケーションのメイン ヘッダー ファイル
2+//
3+#pragma once
4+
5+#ifndef __AFXWIN_H__
6+ #error このファイルを PCH に含める前に、'stdafx.h' を含めてください。
7+#endif
8+
9+#include "resource.h" // メイン シンボル
10+
11+
12+// CMapEditorOneApp:
13+// このクラスの実装については、MapEditorOne.cpp を参照してください。
14+//
15+
16+class CMapEditorOneApp : public CWinApp
17+{
18+public:
19+ CMapEditorOneApp();
20+
21+
22+// オーバーライド
23+public:
24+ virtual BOOL InitInstance();
25+
26+// 実装
27+ afx_msg void OnAppAbout();
28+ DECLARE_MESSAGE_MAP()
29+};
30+
31+extern CMapEditorOneApp theApp;
--- marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/Resource.h (nonexistent)
+++ marathon/trunk/MapEditorOne/build/VisualC/VC7/MapEditorOne/Resource.h (revision 279)
@@ -0,0 +1,20 @@
1+//{{NO_DEPENDENCIES}}
2+// Microsoft Visual C++ generated include file.
3+// Used by MapEditorOne.rc
4+//
5+#define IDD_ABOUTBOX 100
6+#define IDP_OLE_INIT_FAILED 100
7+#define IDR_MAINFRAME 128
8+#define IDR_MapEditorOneTYPE 129
9+#define IDR_MANIFEST CREATEPROCESS_MANIFEST_RESOURCE_ID
10+
11+// 新しいオブジェクトの次の既定値
12+//
13+#ifdef APSTUDIO_INVOKED
14+#ifndef APSTUDIO_READONLY_SYMBOLS
15+#define _APS_NEXT_RESOURCE_VALUE 130
16+#define _APS_NEXT_CONTROL_VALUE 1000
17+#define _APS_NEXT_SYMED_VALUE 101
18+#define _APS_NEXT_COMMAND_VALUE 32771
19+#endif
20+#endif
--- marathon/trunk/HPLLib/HPLMapTool.cpp (revision 278)
+++ marathon/trunk/HPLLib/HPLMapTool.cpp (revision 279)
@@ -235,13 +235,11 @@
235235 }
236236
237237 //線の回り方が時計回りか、反時計回りか
238-typename PolygonRotation{
239- enum RotationType{
240- Clockwise,
241- Counterclockwise,
238+enum RotationType{
239+ Clockwise,
240+ Counterclockwise,
242241
243- MAX_POLYGON_ROTATION_TYPES
244- };
242+ MAX_POLYGON_ROTATION_TYPES
245243 };
246244
247245 /**
@@ -255,7 +253,7 @@
255253 polygon_data *polygon = get_polygon_data(index);
256254
257255 //ポリゴン情報が無い
258- if(polygon == null){
256+ if(polygon == NULL){
259257 return false;
260258 }
261259
@@ -265,7 +263,7 @@
265263 int pointA, pointB, pointC;
266264
267265 //時計回りか、反時計回りか
268- PolygonRotation::RotationType polygonRotationType = PolygonRotation::Clockwise;
266+ RotationType polygonRotationType = Clockwise;
269267
270268 //点iと点i+1を含む線をAB, 点i+1と点i+2を含む線をBCとする。
271269 //最初の線[点0,点1]と線[点1,点2]の角度から、時計回りか、反時計回りかを判定する
旧リポジトリブラウザで表示