ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

AlephOneは、オープンソース化されたBungie社のMarathon2で、一人称3Dシューティングゲーム(FPS)です。A1では、Marathon2、Infinity、そのほかのサードパーティ製のシナリオを様々なプラットフォームでプレイできるほか、オプションでOpenGL、インターネット対戦、Luaスクリプティングによる拡張などの機能が追加されています。

このプロジェクトは、AlephOneの日本語化ポート、Marathon関連のプログラム、シナリオの開発・翻訳などを行っています。

詳細については、プロジェクトサイトをご覧になって下さい。 http://mjolnir.logue.be/

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2019-03-22 21:39
AlephOneJP(実行用ランタイム) 1.3a2 (2 個のファイル 非表示)

リリースノート

公式版AlephOne 20190317(v1.3b2)ベース 主に、最近のシナリオ(M1R、Pathways into Darknessなど)が正常に動作しないための対応です。

変更履歴

  • ソースコードをSJISからUTF-8に変更しました。
  • 一部の設定の表記を修正
  • ジョイパッドに正式対応
  • システムから読み込まれるデフォルトのフォントを游ゴシック(LinuxはNoto Sans CJK-JP)に変更
  • MacOS X環境でビルドしたひとから、システムフォントが読み込まれないという報告を受けたのでLinuxと同じ扱いにして読み込むようにしました。
  • 画面が暗いままになっていたバグを修正
  • M1R日本語版でLuaを使用するマップでアプリがクラッシュするバグを修正(Arrivalなど)

確認しているバグ

  • ターミナル画面のヘッダとフッタの文字化け
  • インベントリ領域の文字化け
  • 環境設定のファイル選択で文字化け
  • Excaliburモルガナの野望でクラッシュ