プロジェクトの説明

AlephOneは、オープンソース化されたBungie社のMarathon2で、一人称3Dシューティングゲーム(FPS)です。A1では、Marathon2、Infinity、そのほかのサードパーティ製のシナリオを様々なプラットフォームでプレイできるほか、オプションでOpenGL、インターネット対戦、Luaスクリプティングによる拡張などの機能が追加されています。

このプロジェクトは、AlephOneの日本語化ポート、Marathon関連のプログラム、シナリオの開発・翻訳などを行っています。

詳細については、プロジェクトサイトをご覧になって下さい。 http://mjolnir.logue.be/

システム要件

Macintosh:
MacOS X以上
Windows:
XP以上
Linux:
自力でビルド環境を作れる人

インストール

当プロジェクトでは、ランタイム部分(AlephOne)とコンテンツ部分(シナリオ)を分けて配布しています。こAlephOneを例にインストール方法を解説していきます。 まずは、プレイしたいシナリオをダウンロードし... インストール方法を見る

使い方

1.3以降からはマウス操作がデフォルトになっています。 基本操作WSAD:前後左右移動 Q,E:武器切り替え Tabキー:アクション(ドアを開けたりスイッチを押したり、回復パネルで回復するなど) スペースキー、マ... 使い方を見る

ダウンロード

win32 Windows AlephOneJP-20190415-win.7z (日付: 2019-04-15, サイズ: 17.61 MB)
macosx Mac AlephOneJP.zip (日付: 2011-02-13, サイズ: 10.04 MB)
source ソースコード AlephOneJP-20190415-src.tar.xz (日付: 2019-04-15, サイズ: 8.94 MB)

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

2013-03-22 01:06
匿名さんによるレビュー

評価:
(23 人中 12 人がこのレビューが参考になったと答えています)
初めてやりましたが、めっちゃ面白いです。Sci-Fi好きにはたまりません! ただ、M1A1の一番最初はPathways into the Darknessになっててちょっとビックリします。

2012-09-06 07:17
匿名さんによるレビュー

評価:
(22 人中 12 人がこのレビューが参考になったと答えています)
びっくりしました。オープン化されているなんて。 懐かしく、若い頃を思い出しました。
レビュー一覧

最新の動き