2007-06-01 15:26 (by co-saka)

本日「Ludia ver.1.1.0」をリリースしました!

「Ludia ver.1.1.0」の変更点は以下の通りです。

(1) VACUUM対応
  concurrent VACUUM, FULL VACUUM両方に対応しました。
  Auto VACUUMも使用可です。
(2) senna.confの使用廃止
  senna.confで設定していたINITIAL_N_SEGMENTSは、
  postgresql.confで設定可能となります。
(3) Ludiaの設定を行わない場合は、デフォルト値を使用。
  ludia.max_n_sort_result = 10000 などの設定を省略した場合、
  デフォルト値が使用されます。
  (custom_variable_classes = 'ludia' の記述は必須です。)
(4) Ludiaの設定を参照する関数の追加。
  pgs2getoption関数を用いて、Ludiaの設定を確認できます。
(5) 使用しているSennaのバージョンを参照する関数の追加
  pgs2seninfo関数を用いて、Sennaのバージョンを確認できます。
(6) バグ修正
  pgs2pdftotext1,2のバグ修正
  FreeBSDでのMAKE不具合修正
(7) TextPorter API対応
  オフィスファイルなどのLudiaインデックスを作成することができます。
  TextPorterは同梱されませんので、アンテナハウス様にお問い合わせください。

詳細はREADMEをご覧ください。
Ludiaプロジェクトのニュース一覧