• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

luatexja: コミット

ソースコードの管理場所


コミットメタ情報

リビジョンe2056327f923bc3009e88c58642b2d5363bf5a0d (tree)
日時2019-08-25 05:37:40
作者Hironori Kitagawa <h_kitagawa2001@yaho...>
コミッターHironori Kitagawa

ログメッセージ

target release date: 2019-08-27

変更サマリ

差分

Binary files a/doc/ltjclasses.pdf and b/doc/ltjclasses.pdf differ
Binary files a/doc/ltjsclasses.pdf and b/doc/ltjsclasses.pdf differ
Binary files a/doc/luatexja-en.pdf and b/doc/luatexja-en.pdf differ
Binary files a/doc/luatexja-ja.pdf and b/doc/luatexja-ja.pdf differ
--- a/doc/luatexja.dtx
+++ b/doc/luatexja.dtx
@@ -651,11 +651,11 @@ and \emph{Japanese fonts} for fonts used in \textbf{JAchar}.
651651 %<ja>\LuaTeX-jaパッケージの動作には次のパッケージ類が必要である.
652652 \begin{itemize}
653653 \item \LuaTeX\ 1.0.0 (or later)
654-\item \Pkg{luaotfload} v2.6 (or later)
654+\item recent \Pkg{luaotfload} (v2.98 or later recommended)
655655 \item \Pkg{adobemapping} (Adobe cmap and pdfmapping files)
656656 \item \Pkg{etoolbox}, \Pkg{everysel} (if you want to use \LuaTeX-ja with \LaTeXe)
657657 \item \Pkg{ltxcmds}, \Pkg{pdftexcmds}, \Pkg{filehook}, \Pkg{atbegshi}
658-\item \Pkg{fontspec} v2.5c (or later)
658+\item \Pkg{fontspec} v2.7c (or later)
659659 %<en>\item \emph{IPAex fonts} (\url{http://ipafont.ipa.go.jp/})
660660 %<ja>\item \emph{IPAexフォント(\url{http://ipafont.ipa.go.jp/})}
661661 \end{itemize}
@@ -814,28 +814,28 @@ For changes from \pTeX, see Subsection~\ref{ssec:chgptex}.
814814 %</ja>
815815 %<*en>
816816 \item \LuaTeX-ja is very slower than \pTeX.
817- Generally speaking, LuaJIT\TeX\ processes \LuaTeX-ja
818- about 30\% faster than \LuaTeX, but not always%
819- \footnote{%
820- LuaJIT has several limitations such as 1\,GB~(or~2\,GB) memory limitation.
821- So typesetting a large source by LuaJIT\TeX may cause an ``out of memory'' error,
822- or failure of loading/saving font cache of \Pkg{luaotfload}.
823- }.
817+ % Generally speaking, LuaJIT\TeX\ processes \LuaTeX-ja
818+ % about 30\% faster than \LuaTeX, but not always%
819+ % \footnote{%
820+ % LuaJIT has several limitations such as 1\,GB~(or~2\,GB) memory limitation.
821+ % So typesetting a large source by LuaJIT\TeX may cause an ``out of memory'' error,
822+ % or failure of loading/saving font cache of \Pkg{luaotfload}.
823+ % }.
824824 %</en>
825825 %<*ja>
826826 \item \LuaTeX-jaは動作が\pTeX に比べて非常に遅い.
827827 コードを調整して徐々に速くしているが,まだ満足できる速度ではない.
828-LuaJIT\TeX を用いると\LuaTeX のだいたい1.3倍の速度で動くようであるが,
829-IPA mj明朝などの大きいフォントを用いた場合には\LuaTeX よりも遅くなることもある
830- \footnote{%
831- LuaJITは1\,GB(あるいは2\,GB)のメモリ制限など,いくつかの制限事項があることが知られている.そのため,
832- 大きいソースファイルをLuaJIT\TeX でタイプセットするとLuaの側で``out of memory''エラーが発生してしまう.
833- 本ドキュメントのように,「各ページごとにLuaで使っているメモリ容量をチェックし,
834- 必要なら\texttt{collectgarbage("collect")}でガベージコレクタを実行」すると
835- 状況が多少改善されるかもしれない.
836- また,LuaJIT\TeX でIPA mj明朝などの「大きい」フォントを利用した場合はフォントキャッシュの保存に失敗し,
837- 毎回フォントを読み込まなければならず結果的に時間がかかることがある.
838- }.
828+% LuaJIT\TeX を用いると\LuaTeX のだいたい1.3倍の速度で動くようであるが,
829+% IPA mj明朝などの大きいフォントを用いた場合には\LuaTeX よりも遅くなることもある
830+% \footnote{%
831+% LuaJITは1\,GB(あるいは2\,GB)のメモリ制限など,いくつかの制限事項があることが知られている.そのため,
832+% 大きいソースファイルをLuaJIT\TeX でタイプセットするとLuaの側で``out of memory''エラーが発生してしまう.
833+% 本ドキュメントのように,「各ページごとにLuaで使っているメモリ容量をチェックし,
834+% 必要なら\texttt{collectgarbage("collect")}でガベージコレクタを実行」すると
835+% 状況が多少改善されるかもしれない.
836+% また,LuaJIT\TeX でIPA mj明朝などの「大きい」フォントを利用した場合はフォントキャッシュの保存に失敗し,
837+% 毎回フォントを読み込まなければならず結果的に時間がかかることがある.
838+% }.
839839 %</ja>
840840
841841 \item%
--- a/src/luatexja.sty
+++ b/src/luatexja.sty
@@ -41,7 +41,7 @@
4141 \ProcessOptions\relax
4242 \fi %</LaTeX>
4343 %%%% VERSION
44-\def\LuaTeXjaversion{20190708.0}
44+\def\LuaTeXjaversion{20190827.0}
4545
4646 \directlua{require('ltj-unicode-ccfix.lua')}% catcode of ideographs
4747
旧リポジトリブラウザで表示