ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Notice: linuxBean is a *Japanese* Linux distribution. This does ***not*** contain non-Japanese locales of some apps. linuxBeanは、「軽くて速くて即使える」ことを目標に据えた、ubuntu派生のLinuxディストリビューションです。調整しなくても日本語が使え、すぐにネットに繋がり、欲しいソフトが簡単が探せる、Linux初心者が古いPCを再生させるための切り札を目指しています。 FAQ、質問は 【こちら】 へどうぞ (※パソコン初心者の方は敷居の低いLubuntuやPuppy Linuxをご利用下さい) 作者情報:Twitter Blog ソースコード1 ソースコード2

リリース時刻: 2014-04-17 00:00
linuxBean 14.04 (Trifolium) 14.04-140417

ファイルがありません

リリースノート

Ubuntu 14.04をベースにした最初のリリースです。

可能な限り12.04系の仕様を再現してみましたが、肥大化した基礎システムにより650MBに収めるべきCD-Rの容量が圧迫されており、已むを得ず圧縮率を大きく上げています。
そのため、Live環境では解凍処理にCPU・メモリ使用量を取られて若干動作が重くなる可能性があります。

また、最初のリリースということで所々に不具合が残っている可能性がありますので、
ご利用の際には事前に大事なデータをバックアップしておかれる事をお勧めします。

変更履歴

  • uim・Fcitxをim-switchに対応させました。
  • NetworkManagerのトレイアイコンが表示されないバグを潰しました。
  • RemastersysがLXDEをLubuntuと誤認するバグを潰しました。
  • iBus 1.5が非常にアレなのでインストールを禁止しました。
  • LXDMがPolicyKitを呼ばないため再起動できなくなる問題を潰しました。
  • Wine 1.5以降でフォントが汚くなる問題を潰しました。
  • 何故かupdate-managerがUbiquityのKDE用フロントエンドをインストールしようとする問題を潰しました。
  • GTK+3アプリでスクロールバーをクリックすると、一画面ずつスクロールせず一気にジャンプしてしまう問題を潰しました。
  • Synaptic 0.80以降は非常に動作が不安定なので、0.75系に戻しました。
  • epdfviewを過去のUbuntuから輸入しました。
  • Dilloは使用ユーザーが少ないようなので外しました。
  • gHexに代わり、wxHexEditorを導入しました。
  • 設定ウィザードの14.04対応と、項目の整理を行いました。
  • メニューエディターを追加しました。
  • youtube-dlのGUIフロントエンドを追加しました。