ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Notice: linuxBean is a *Japanese* Linux distribution. This does ***not*** contain non-Japanese locales of some apps. linuxBeanは、「軽くて速くて即使える」ことを目標に据えた、ubuntu派生のLinuxディストリビューションです。調整しなくても日本語が使え、すぐにネットに繋がり、欲しいソフトが簡単が探せる、Linux初心者が古いPCを再生させるための切り札を目指しています。 FAQ、質問は 【こちら】 へどうぞ (※パソコン初心者の方は敷居の低いLubuntuやPuppy Linuxをご利用下さい) 作者情報:Twitter Blog ソースコード1 ソースコード2

リリース時刻: 2014-02-27 00:00
linuxBean 12.04 (Pueraria) 12.04.4-140227

ファイルがありません

リリースノート

近日中に行われる Ubuntu 14.04 の公開を見据えてのメンテナンスリリースです。
改修点が多いため、詳しくは変更履歴を御覧ください。

ところで apt-get がダウンロードエラー出しても平気で終了コード0を返してくるバグはいつ直るんですかね…?

変更履歴

  • パッケージを更新しました。
  • ユーザーの追加と削除を行える簡単なスクリプトを追加しました。
  • 「パッケージのソース」を追加しました。
  • アップデートマネージャーが14.04公開の通知を行わないよう変更しました。
  • VirtualBoxのPPAを追加しました。
  • 設定ウィザードの大幅なマイナーチェンジを行いました。
    • 日本語フォルダの英語化を追加しました。
    • パスワード入力時に、フィードバックが表示されない旨の説明を追加しました。
    • 処理終了時にログを表示するように変更しました。失敗時の手掛かりにご利用下さい。
    • 初回起動時にパッケージデータベースのダウンロードを行うよう変更しました。
    • Oracle JREのインストール前に、規約への同意が必要である旨の説明を追加しました。
    • 重要なメッセージの後には一時停止するよう変更しました。
    • uimからiBusへの変更を自動化しました。
    • コーデックセットにlame,flac,wavpack,NeroAAC,libdvdcss2の有効化を追加しました。
    • リモートセットにseahorseを追加しました。鍵の管理に利用できます。
    • 印刷セットのインストール時、デスクトップにCUPSのWebフロントエンドを起動するためのアイコンを配置するよう変更しました。
    • Firefox最新版のインストール時に、日本語化済みのプロファイルを生成するよう変更しました。
    • Chromiumを外して、代わりにGoogle Chromeをインストールできるよう変更しました。
    • モバイルセットで自動的に電源管理サービスを常駐させるよう変更しました。
    • VirtualBoxのPPAを追加し、最新版が利用できるよう変更しました。
    • VirtualBoxのインストール時、vboxusersグループに自動で登録するよう変更しました。