ダウンロードリスト

プロジェクト概要

本ページはLinux-HA Japan 開発者向けサイトです。 プロジェクトのメインサイトはこちらです http://linux-ha.osdn.jp/ 成果物のダウンロードはこちらですhttp://osdn.jp/projects/linux-ha/releases/ 現在開発中のソースコードはこちらですhttps://github.com/linux-ha-japan Nightlyビルドはこちらですhttp://linux-ha.osdn.jp/nightly/ Linux-HA Japanプロジェクトは、Linux上で高可用クラスタシステムを構築するための部品として、オープンソースの、クラスタリソースマネージャ、クラスタ通信レイヤ、ブロックデバイス複製、その他、さまざまなアプリケーションに対応するための数多くのリソースエージェント、などを、日本国内向けに維持管理、支援等を行っているプロジェクトです。 主な製品として、Pacemaker , Heartbeat , Corosync , DRBD等を取り扱っています。 ※現在、Linux-HA Japanの独自開発機能は個別にリリースしておりません。独自開発機能が必要な場合は、Pacemakerリポジトリパッケージに同梱されているRPMをご利用ください。

リリース時刻: 2014-08-13 09:13
[1-02] Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL6) 1.0.13-2.1

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
pacemaker-1.0.13-2.1.el6.i686.repo.tar.gz 8.64 MB 2014-08-13 09:16 480
pacemaker-1.0.13-2.1.el6.srpm.tar.gz 20.68 MB 2014-08-13 09:17 212
pacemaker-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo.tar.gz 8.70 MB 2014-08-13 09:16 4607
pacemaker-debuginfo-1.0.13-2.1.el6.i686.repo.tar.gz 4.66 MB 2014-08-13 09:17 61
pacemaker-debuginfo-1.0.13-2.1.el6.x86_64.repo.tar.gz 4.75 MB 2014-08-13 09:17 367

リリースノート

Pacemakerはコンポーネントが複数に分かれているため、インストール手順を簡略化するための RHEL6 および RHEL6互換OS用リポジトリパッケージです。

本パッケージには、以下のバージョンのコンポーネントが含まれています。

  • バージョン一覧 (下線のパッケージをバージョンアップ)
    • pacemaker-1.0.13-2
    • cluster-glue-1.0.11-1
    • corosync-1.4.6-1
    • heartbeat-3.0.5-1.1
    • resource-agents-3.9.5-1.310.0d443 および ldirectord-3.9.5-1.310.0d443
    • libesmtp-1.0.4-16
    • pacemaker-mgmt-2.0.1-1
    • pm_crmgen-1.4-1
    • pm_diskd-1.3-1
    • pm_extras-1.5-1
    • pm_logconv-hb-1.3-1
    • pm_kvm_tools-1.2-1
    • vm-ctl-1.1-2

変更履歴

前バージョン(1.0.13-1.2)からの主な変更点は以下の通りです。

  • pacemaker-1.0.13-2
    • crmシェルでgroupのorderedメタ属性が設定されているcrmファイルを読み込むとエラーが表示される点を修正
    • pacemaker停止時にpingdのERRORメッセージが出力される点を修正
  • pm_extras-1.5-1
    • hulft用RAを新規追加