ダウンロードリスト

プロジェクト概要

固体中の電子状態計算においてBrillouin Zone積分を効率的に行うテトラへドロン法を任意のコードに実装するためのライブラリ群です。 日本語マニュアル(HTML/PDF) Manual in English(HTML/PDF) 掲示板

リリース時刻: 2017-07-07 00:40
libtetrabz 2.0.0

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
libtetrabz-2.0.0.tar.gz 3.50 MB 2017-07-07 01:32 13

リリースノート

Major update of libetetrabz including lerge changes in the interface.

For more details, please see the change log and manuals.

libtetrabzのインターフェースの大きな改訂を含むメジャーアップデートを行いました。

詳しくは変更履歴およびマニュアルをご覧ください。

変更履歴

Installation

  • Support semi-automatical install with Autotools

Interface

  • Integrate serial and MPI version. The communicater argument "comm" becomes an optional argument.
  • Improve interoperability with C by using BIND of fortran 2003/2008.

Modify the name of subroutines

  • libtetrabz_doubledelta -> libtetrabz_dbldelta
  • libtetrabz_occstep -> libtetrabz_dblstep

Add and integrate subroutines

  • Add a routine "libtetrabz_intdos" which compute integrated DOS.
  • Remove "libtetrabz_polimg" which compute the polarization function at imaginary frequencies, and add rouitne "libtetrabz_polcmlx" which compute the polarization function at complexfrequencies. The new routine has all functions of old routine.

Bug fix

  • libtetrabz_polimg was not able to compute the polarization function at negative imaginary frequencies. This function is joined into libtetrabz_polcmplx.

インストール方法

  • Autotoolsによる半自動インストールに対応

インターフェース全般

  • シリアル版とMPI版のライブラリを統合して、コミュニケーター引数"comm"をオプショナル引数とした。
  • fortran2003/2008 のBIND機能を使ってCとの結合を改善しました。

サブルーチン名の変更

  • libtetrabz_doubledelta -> libtetrabz_dbldelta
  • libtetrabz_occstep -> libtetrabz_dblstep

サブルーチンの追加と統合

  • 積分DOSを計算するルーチン"libtetrabz_intdos"を追加
  • 虚数振動数の分極関数を計算するルーチン"libtetrabz_polimg"を無くし、複素数振動数の分極関数を計算するルーチン"libtetrabz_polcmlx"を追加。新しいルーチンはlibtetrabz_polimgの機能を含んでいる。

バグフィックス

  • libtetrabz_polimgで、負方向の虚数振動数の分極関数が計算できないバグを修正してlibtetrabz_polcmplxに統合。