プロジェクトの説明

祝日計算をJavaプログラムで行う。 春分・秋分の日は、『海上保安庁水路部 暦計算研究会編 新こよみ便利帳』による計算式の結果に過ぎない。

国民の休日に対応、2016年以降、8月11日を「山の日」に対応、

Java版とJavaScript が存在する。

1ソースのJavaプログラムのみで構成するため、 祝日の新制度、変更が発生した場合の修正メンテナンスは1ソース内だけで行う。

Java版について、JDK1.7 まで使用していた java.util.Date は使用されることが減少した為に

java.util.Dateの使用は、バージョン 2.1 で終了する。 バージョン 3.x 以降で、java.time.LocalDate を使用する

2020年 東京五輪の影響で 山の日、2020年だけ 8月10日 Java版の最新バージョンは、3.9

JavaScript版の最新バージョンは、1.4

システム要件

Version 3.0 以上は、Java8 以上の環境が必要です

インストール

しゅくじ インストール方法を見る

ダウンロード

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

2019-03-14 18:51
posturanさんによるレビュー

評価:
(0 人中 0 人がこのレビューが参考になったと答えています)
2019年対応バグ修正、バージョン3.8 (Java版) 更に、 HolidayBundle で、public boolean hasChangeDay() を追加 (注意)listHolidayBundle が返す HolidayBundle は、 祝日と振替休日の束ねであって、 振替休日は、HolidayBundle の getChangeDate() で求める。

2019-01-25 16:15
nakaさんによるレビュー

評価:
(0 人中 0 人がこのレビューが参考になったと答えています)
queryHoliday関数にバグがあります このままメンテされないのであればgithubに移行ですかね
長所
ver3.5の591行目から下に他の関数と同じく、以下の文を追加したらそれらしく動くようになりました。 // ver3.3 平成の次の即位日 or 即位礼正殿の儀 if (year == 2019){ if (month==5){ mb.setBundleclass(new Class<?>[]{ HeiseiNextDayBundle.class, KenpoukikenDayBundle.class, MidoriDayBundle.class, KodomoDayBundle.class }); }else if(month==10){ mb.setBundleclass(new Class<?>[]{ HealthSportsDayBundle.class, SokuiReiSeidenDayBundle.class }); } }

2018-12-03 17:38
yayaさんによるレビュー

評価:
(3 人中 3 人がこのレビューが参考になったと答えています)
ありがたく使わせていただいてます。 2019年個別の休日のうち、2019/5/2は正しく認識するのですが、 2019/5/1が認識していないようです。 少なくともqueryHolidayで設定が漏れていると思います。
レビュー一覧

最新の動き

2019-06-13
2019-06-11
21:50
Java祝日計算
[ファイルリリース] リリース '1.3' を削除しました
21:50
Java祝日計算
[ファイルリリース] リリース '1.4' を削除しました
活動履歴を見る