IPAフォント のインストール方法

1.Linuxに対するフォントインストール例
フォントを置くディレクトリを作成し、ダウンロードした圧縮ファイルをコピーしてください。(ここでは、IPAfont00301.zipで例示します。)
$ mkdir ~/.fonts
$ cp IPAfont00301.zip ~/.fonts

ディレクトリ変更後、圧縮ファイルを解凍し、解凍したファイルを確認してください。
$ cd ~/.fonts
$ unzip IPAfont00301.zip
$ ls IPAfont00301

フォントのキャッシュを更新してください。
$ fc-cache -fv

フォントを削除する場合
フォントファイルを削除してください。
$ rm -r ~/.fonts/IPAfont00301

2.Windows 2000/XP/Vistaに対するフォントインストール例
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍ソフトで任意の場所に解凍してください。
「スタートメニュー」→「コントロールパネル」を開いてください。
「コントロールパネル」の「フォント」フォルダをダブルクリックで開いてください。
(「フォント」フォルダが表示されない場合は、クラシック表示に切り替えてください)

現在、インストールされているフォントが表示されます。
「フォント」フォルダのプルダウンメニューで、「ファイル」→「新しいフォントのインストール」をクリックしてください。
所望の「IPAフォント」を解凍した場所から選んでOKボタンを押すと、インストールが開始されます。
インストールが完了しましたらコンピュータを再起動してください。
フォントを削除する場合
「フォント」フォルダを開き、削除したいフォントを選択してください。
プルダウンメニューの「ファイル>削除」を選択し、「はい」をクリックすると削除されます。

3.Mac OS Xに対するフォントインストール例
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍ソフトで任意の場所に解凍してください。
Mac OS Xには複数のフォントフォルダがありますが、すべてのユーザが利用可能なフォントをインストールするためのフォルダは、[Mac OS X]のハードディスク-「/Library/Fonts 」フォルダ(ローカルディレクトリ)です。 通常フォントを追加インストールする場合には、このフォルダが対象となります。
OS X
(このフォルダに対するフォントのインストールと削除は管理者権限を持つユーザにのみ許可されていますので、管理者権限でログインしてください。)

HDを開き、「Library」をダブルクリック、続いて「Fonts」をダブルクリックします。
現在、インストールされているフォントが表示されます。
所望の「IPAフォント」を解凍した場所から選んで「/Library/Fonts」フォルダにコピー&ペーストします。
(ちなみに、「~/Library/Fonts(ユーザのディレクトリ」にも「Fonts」フォルダは存在します。 ここは、各ユーザのフォントをインストールするためのフォルダです。 検索順位は最も高くなりますが、所有するユーザ以外はそのホームフォルダを利用できず、 フォントをインストール・削除することも出来ません。)

フォントを削除する場合
「/Library/Fonts」フォルダを開き、削除したいフォントのアイコンをゴミ箱に移動します。
(対象フォントがロックされていてゴミ箱に移動できない場合は、対象フォントをクリックで選択し、 「ファイル」>「情報を見る」で情報を表示してください。 続いて、一般情報内の「ロック」ラジオボタンの「チェック」をはずし、ゴミ箱に移動してください。)
ゴミ箱を空にします。これで削除は終了です。

注:OpenOpenTypeの詳しい仕様は、