プロジェクトの説明

ある程度数値的に安定した、再帰的に適用可能な、離散点の意味でのルベーグ可測な列に対する、期待値としての予測器です。離散点でのルベーグ可測性は、あるいは類別された0ベクトル不変量を含む不変量の定義される区間で決定論的な入力列を要求します。通常、1 階の計算で良い結果を得るには不変量の幅は関数自身の持つ内部状態の次元よりも大きい必要があります。再帰的な適用は拾える状態の次元を増やし、妨害機に対して拮抗しますが、統計的外れ値を増やします。

任意の唯一の予測を出力する予測器にはその妨害機が存在しますが、この予測機は 2 通りの予測を出力します。使用する状態標本数に対して長めの予測が失敗しないようにするためには 3 通り必要です。

また、この予測機は 1 階の類別のみ使用します。統計を使用した 2 階以上の類別が必要な場合、p1, p2 を使用することが推奨されますが、p1 は計算に使用する状態の長さを明示的に指定する必要があります。

ダウンロード

source ソースコード p0-master.zip (日付: 2022-05-26, サイズ: 30.99 KB)
document 文書 p0-master.zip (日付: 2022-05-26, サイズ: 30.99 KB)

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

最新の動き