プロジェクトの説明

ある程度数値的に安定した、離散点の意味でのルベーグ可測な列に対する、期待値としての予測器です。離散点でのルベーグ可測性は、あるいは類別された0ベクトル不変量を含む不変量の定義される区間で決定論的な入力列を要求します。不変量の幅は関数自身の持つデータ量の四則演算可能なブロック数と同等程度が良いかもしれません。

任意の予測器にはその妨害機が存在します。その場合には引数を大きくする必要がありますが、これに必要な引数は入力の元の関数に応じていくらでも大きくなり得ます。また、入力が決定論的で無い場合には(例えば妨害機がこの予測器を使用して妨害をしている場合等)いくら大きくしても予測が出来ないことがあります。

ダウンロード

source ソースコード p0-master.zip (日付: 2022-05-24, サイズ: 30.55 KB)
document 文書 p0-master.zip (日付: 2022-05-24, サイズ: 30.55 KB)

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

最新の動き