ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Zip は圧縮およびファイル包装ユーティリティ Unix、VMS、DOS、OS/2、Windows 9 x/NT、Amiga, Atari、Macintosh、BeOS、SMS/QDOS、MVS、VM/CMS と。それは、Unix コマンド tar (1) と compress(1) の組み合わせに似ています、PKWARE の PKZIP や !WinZip の Nico Mak と互換性のあります。これは INFO-ZIP プロジェクトの一部です。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-07-14 20:18
2.32

このリリースではUnixの名前付きパイプのサポートを追加し、新しいオプション"ソフトの障害を検出するために追加"(ワイルドカードのパターンなどの任意のファイルに一致する)に失敗しました。これは修正/再帰オプションを修正暗号化のバグは、NTFSのタイムスタンプは、削除し- dateオプションは、VMSの論理名の構文解析の問題で、他のいくつかの問題。高める
タグ: Minor feature enhancements
This release adds support for Unix named pipes and
adds a new option to
detect "soft failures" (e.g., a wildcard pattern
failed to match any
files). It fixes/enhances the recursion option and
fixes an encryption
bug, NTFS timestamps, the delete-by-date option, a
VMS logical-name
parsing problem, and several other issues.

2005-03-11 22:06
2.31

このリリースでは、主に(CAN - 2004 - 1010)のマイナーバッファオーバーランの脆弱性に対処するため作られているが、それはまた、新しいAtheOSポートは、ネイティブのVMSの強化、バイナリファイルのより良い検出、Win32 DLLでVisual Basicのサポートの改善が含まれ、とバンドルされて暗号化のソース。
タグ: Minor security fixes
This release is being made primarily to address a minor buffer overrun vulnerability (CAN-2004-1010), but it also includes a new AtheOS port, native VMS enhancements, better detection of binary files, improved support for Visual Basic in the Win32 DLL, and bundled crypto sources.

プロジェクトリソース