ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

XpdfはPortable Document Format(PDF)ファイル用のビューアです。(これらのファイルは AdobeのPDFソフトウェアの名前から Acrobatファイル とも呼ばれます。)Xpdf プロジェクトは、PDFからのテキスト抽出、PDFからPostScriptへの変換、および他のさまざまな作業のためのユーティリティを含んでいます。これは、UNIX、VMS、および OS/2 の X Window System 上で動作します。X を必要としないコンポーネント(pdftops、pdftotext、等)は Win32システムおよびまともなC++コンパイラのある任意のシステムで実行可能なはずです。Xpdfは小さく効率的であるよう設計されています。Type 1フォントとTrueTypeフォントを使うことができます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-08-17 19:46
3.03

"固定ピッチ"テキスト抽出モードが追加されました。 "pdftops紙のマッチは"異なるサイズのページでPDFファイルを扱うように変更されましたので、現在はページ単位で一致する用紙サイズを選択します。標準出力に書き込む必要がpdftoppmための機能が追加されました。 pdfdetachツールが追加されました。 256ビットのAES復号化が実装されました。 T1libはセクションは、T1libは、いくつかの潜在的なセキュリティホールを有しているため、configureスクリプトでコメントアウトされ、年間で更新されていません。フォントの設定xpdfrcのコマンドが再設計されました。ライセンスはGPLv2のからデュアルv2のライセンスに変更されました。
The "fixed pitch" text extraction mode was added. "pdftops -paper match" was modified to handle PDF files with different-sized pages, so it will now select the matching paper size on a page-by-page basis. The ability for pdftoppm to write to stdout was added. The pdfdetach tool was added. 256-bit AES decryption was implemented. The t1lib section was commented out in the configure script, since t1lib has some potential security holes, and hasn't been updated in years. The font configuration xpdfrc commands were redesigned. The license was changed from GPLv2 to dual v2/v3 licensing.

2009-10-20 03:35
3.02pl4

いくつかのセキュリティの脆弱性は、CVEとして報告2009 - 3603には、CVE - 2009 - 3604には、CVE - 2009 - 3605には、CVE - 2009 - 3606には、CVE - 2009 - 3608、およびCVE - 2009 - 3609、固定された。
タグ: Major security fixes
Several security vulnerabilities, reported as CVE-2009-3603, CVE-2009-3604, CVE-2009-3605, CVE-2009-3606, CVE-2009-3608, and CVE-2009-3609, were fixed.

2009-04-17 21:43
3.02pl3

このリリースで修正、いくつかのセキュリティ上の問題が壊れJBIG2ファイルの解析に関連する。
タグ: Minor security fixes
This release fixes several security problems related to parsing broken JBIG2 files.

2007-11-07 23:14
3.02pl2

次CVE識別番号とこのリリースで修正のセキュリティホール:CVE - 2007 - 4352には、CVE - 2007 - 5392、およびCVE - 2007〜5393。
タグ: Minor security fixes
This release fixes security holes with the following CVE identifiers: CVE-2007-4352, CVE-2007-5392, and CVE-2007-5393.

2007-07-31 23:10
3.02pl1

1つのセキュリティホール(CVE - 2007 - 3387)固定されている。
タグ: Minor security fixes
One security hole (CVE-2007-3387) has been fixed.

プロジェクトリソース