ダウンロードリスト

プロジェクト概要

DVB の XMMS 入力プラグインは XMMS 用受信このアダプターからオーディオ ストリームを記録し LinuxTV からドライバーでサポートされている DVB-S (デジタル ビデオ放送/衛星) PCI アダプターを持つユーザーのためのプラグインです。受信 MPEG 1 層 II のオーディオ データは圧縮解除され、XMMS 内で可能なその後ターン プロセスそれそれを喜ばす方法を供給します。同時にプラグインすることができます必要に応じて元の MPEG ストリーム ファイルへの書き込みをアーカイブまたは、後でさらに処理録音することができます自動的に分割されるいずれかの定義済みの間隔またはたびにエネルギー レベル下回る構成可能量 (また構成可能) の期間のため。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2004-04-08 01:10
0.5.0

は、可視化表示のちらつきの原因とは、Xサーバーはプラグインが修正されて実行されて過度のCPU使用率の原因ああバグを修正。検索サービスの記述子テーブルからサービス名が改善されている。行方不明の出力バッファをチェック、一部の出力プラグイン(ALSAの例の問題を解決する)が追加されている。 EPGのの検索のためのサポート()の情報が追加されている現在。
タグ: Minor feature enhancements
Aa bug which caused flickering visualization display and caused excessive CPU usage in the X server while the plugin was running has been fixed. Retrieval of the Service Name from the Service Descriptor Table has been improved. A missing output buffer check has been added to fix problems with some output plugins (e.g. ALSA). Support for retrieval of EPG (current) information has been added.

プロジェクトリソース