ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Apache XML グラフィック公有地は Apache バティックと Apache FOP によって使用されるいくつかの再利用可能なコンポーネントで構成されるライブラリです。これらのコンポーネントの多くは簡単に使用できます個別に SVG および XSL-FO のドメイン外。PDF ライブラリ、RTF ライブラリ、お知らせ Graphics2D 実装など、コンポーネント pdf ファイルや !PostScript ファイルおよび大いに多くを生成することが分る。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-12-23 11:14
1.0

このリリースではバティックとFOPからいくつかのコンポーネント:イメージのコーデック、映像作家の抽象化を含む、I / Oクラス、Java2Dのヘルパーは、PostScriptのライブラリには、Graphics2Dの実装です。
This release contains several components from Batik and FOP: image codecs, image writer abstraction, I/O classes, Java2D helpers, and a PostScript library with a Graphics2D implementation.

2006-12-23 11:13
1.1

ImageWriterを抽象化する複数の書面- TIFF形式のようなページのフォーマットをサポートします。これは、画像I / O APIを使用します。デフォルトの実装はAbstractGraphics2D.drawText用(ACIを、フロート、フロート)ようにPSGraphics2DテキストのAttributedCharacterIteratorを使用して絵画をサポートして提供されました。様々な修正や改良は、ImageWriterの抽象化が行われた。問題はここでは、PostScript setdashコマンドの世代は、整数値のみを修正されて使用されることが想定していた。
タグ: Minor feature enhancements
The ImageWriter abstraction now supports the writing of multi-page formats like TIFF. This uses the Image I/O API. A default implementation was provided for AbstractGraphics2D.drawText(ACI, float, float) so that PSGraphics2D supports painting of text using the AttributedCharacterIterator. Various fixes and improvements were made in the ImageWriter abstraction. A problem where the generation of the PostScript setdash command was assuming that only integer values can be used was fixed.

プロジェクトリソース