ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

xineはフリーなマルチメディアプレーヤーです。これはCD、DVDやVCDを再生します。また、ローカルのディスクドライブからAVI、MOV、WMV、およびMP3などのマルチメディアファイルのデコードや、インターネット経由でのストリーミングを表示します。これは、最も一般的に使われているマルチメディアフォーマットの多く-いくつかの最も珍しい形式も-を解釈します。これらすべての機能は簡単にアプリケーションに埋め込むことができる再利用可能なライブラリ(xine-lib)から来ています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-02-06 03:56
1.2.1

VDPAU OSD 処理が書き直されました。Sndio プラグインをビルド可能なようになりました。PulseAudio、ジャックと VDPAU、HURD で有効になっていた。様々 なバグ修正を行った。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements, xine-lib 1.2, xine-lib
VDPAU OSD handling was rewritten. The sndio plugin is now buildable. PulseAudio, JACK, and VDPAU were enabled on the HURD. Various bugfixes were made.

2012-01-03 07:43
1.2.0

このリリースは、すべてのフロント エンドの再構築を必要とする、互換性のない ABI 変更を紹介します。重要な変更には VDPAU サポート、VDR サポート、XDG ベース ディレクトリ仕様のサポートより少ないメモリ使用量、および ffmpeg、libcdio、および libvcd の内部コピーの削除が含まれます。他の多くの拡張機能、バグ修正とクリーンアップが行われました。
タグ: Major feature enhancements, xine-lib 1.2, xine-lib
This release introduces incompatible ABI changes, requiring rebuilds of all frontends. Significant changes include VDPAU support, VDR support, XDG Base Directory Specification support, reduced memory usage, and removal of internal copies of ffmpeg, libcdio, and libvcd. Many other enhancements, bugfixes, and clean-ups were made.

2012-01-03 07:43
1.1.20.1

メモリ リーク、不明のオーディオと字幕の言語に関連する問題を PVR プラグイン、およびさまざまなその他のマイナーなバグの修正を行いました。ImageMagick API の使用状況を更新しました。
タグ: Minor bugfixes, xine-lib
Fixes were made for memory leaks, for problems related to unknown audio and subtitle languages, for the PVR plugin, and for various other minor bugs. The ImageMagick API usage was updated.

2011-11-15 08:48
0.5.906

gxine 今ガンマ、シャープネス、およびノイズ低減コントロール、選択したビデオ出力ドライバーによってサポートされている場合処理できます。Iconization の処理が向上しました。フォーカス用の雑多な不在で掴んでを修正しました。移植性の機能拡張が行われました。その他小さなバグ修正と機能強化が行われました。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements, gxine
gxine can now handle gamma, sharpness, and noise reduction controls, if supported by the selected video output driver. Handling of iconization was improved. Focus grabbing in the absence of Xinerama was fixed. Portability enhancements were made. Other minor bugfixes and enhancements were made.

2011-11-15 08:48
1.1.20

ファイル、ソケット記述子は今 O_CLOEXEC で作成されます。FFMpeg のオーディオのサポートにより AAC LATM が有効になっていた。ヘッダーのサポートを除去、Matroska demuxer を追加しました。MinGW ビルドされたされ、MinGW w64 64 ビット ビルドされた導入のサポートします。GraphicsMagick 今、ImageMagick の代わりに使用できます。その他のバグ修正と機能強化が行われました。新しい翻訳を追加しました。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements, xine-lib
File and socket descriptors are now created with O_CLOEXEC. FFMpeg's support for AAC LATM audio was enabled. Header stripping support was added to the Matroska demuxer. MinGW builds were improved, and support for MinGW-w64 64-bit builds was introduced. GraphicsMagick can now be used in place of ImageMagick. Other bugfixes and enhancements were made. New translations were added.

プロジェクトリソース