ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

XCB ライブラリは Xlib のインタ フェースを交換するように設計、X ウィンドウ システム プロトコルへのインタ フェースを提供します。Xlib、サイズ (小さなライブラリーと低いメモリ使用量) を含むいくつかの利点があるレイテンシ隠蔽 (いくつかの要求のバッチおよび後で返信を待つ) ダイレクト アクセス プロトコル (インターフェイスとプロトコルとの間の 1 対 1 のマッピング)、スレッドのサポート (明示的なロック機能がない、複数のスレッドからはアクセス XCB)、新しい拡張機能を簡単に作成 (マシン解析 XML プロトコル記述からそのインターフェイスを自動的に生成されます)。Xlib としても使用できます XCB トランスポート層ソフトウェア要求および XCB への移植を容易にする、両方の応答を受信することができます。ただし、クライアント プログラム、ライブラリ、およびツールキットは、ネイティブの XCB ポートから最も利益を得る。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-10-08 16:51
1.0 RC2

XIDのラッパー構造体が削除され、uint32_t型定義に置き換えられます。このAPIは、変換スクリプトを更新しました。 xcb_generate_id xcbext.h xcb.h.から移されたエラーアウトxcb_poll_for_eventのパラメータが削除された、接続エラーオブジェクトの代わりに使用される必要があります。 XlibのためのXCBのIOロックはもはや公開されます。xcb_xlib_lockとxcb_xlib_unlockの代わりに提供されます。コードジェネレータはもはや暗黙的に拡張のための輸入xproto。生成されたプロトコルヘッダは構造体/共用体/ enumをfooの無名の構造体だけではなく、typedefを"foo"を宣言/共用体/列挙型です。チェック要求をすぐに正しく動作します。 xcb_generate_idに記載された。チュートリアルを更新しました。
タグ: Major feature enhancements
XID wrapper structures were removed and replaced
with uint32_t typedefs. The API conversion script
was updated. xcb_generate_id was moved from
xcbext.h to xcb.h. The error out-parameter for
xcb_poll_for_event was removed; connection error
objects should be used instead. The XCB IO lock
for Xlib is no longer exposed; xcb_xlib_lock and
xcb_xlib_unlock are provided instead. The code
generator no longer implicitly imports xproto for
extensions. Generated protocol headers now declare
struct/union/enum foo, not just a typedef "foo" of
an unnamed struct/union/enum type. Checked
requests now work correctly. xcb_generate_id was
documented. The tutorial was updated.

2006-10-08 16:51
1.0 RC1

内部コードの命名規則はキャメルケースからの略語でunderscore_sepに変更された。推奨されて機能します。SONAMEs削除されて変更された。ヘッダーに移されました。変換スクリプトを提供しています。とCheckedのチェックを要求関数をインラインやイベントのために提供されてキューのエラー処理。接続エラーがエラー状態にある接続を介して。xcb_sync削除されて処理されます。拡張子を初期化関数が削除されたのではなくxcb_get_extension_dataを呼び出します。Xhに対する依存性を削除しました。 Xlibの専用の機能のlibxcb - xlibを移動されました。建物は非確認のGNUの実装を修正しました。 32ビットのシーケンス番号のビットラッピング処理されます。モノリシックGITがリポジトリに分割された。
タグ: Major feature enhancements
The naming conventions for the internal code were
changed from CamelCase to underscore_sep with no
abbreviations. Deprecated functions were removed.
SONAMEs were changed. Headers were moved. A
conversion script is provided. Checked and
unchecked request functions are offered for inline
or event-queue error handling. Connection errors
are handled via connections in error state.
xcb_sync was removed. Extension init functions
were removed; call xcb_get_extension_data instead.
Dependency on X.h was removed. Xlib-only functions
were moved to libxcb-xlib. Building with non-GNU
implementations of Make was fixed. 32-bit wrapping
of sequence numbers is handled. The monolithic GIT
repository was split.

2006-04-29 06:18
0.9

タグ: Initial freshmeat announcement

プロジェクトリソース