ダウンロードリスト

プロジェクト概要

wview は、アーカイブ記録と現在の条件を取得するためにサポートされている気象ステーションを制御するアプリケーションです。アーカイブのレコードは、リレーショナル データベース ([/projects/freshmeat_mysql/ MySQL] 又は [/projects/sfnet_pgsql/ PostgreSQL]) で必要に応じて格納可能性があります。ユーザー定義の間隔で wview を使ってアーカイブの歴史と現在の状況を生成天気画像 (バケットおよびグラフ) と構成可能な HTML テンプレートに基づいた Web ページ。シリアルおよび USB データロガー、ターミナル サーバーまたは TCP ソケットを介してシリアル ・ サーバーとの接続をサポートしています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-22 07:00
5.20.2

このリリースでは"HTTP の報告 dailyrainin"を再度追加しました。彼らは毎時間雨値に基づいて計算を行います。Wviewmgmt station.php ファイルでタイプミスが修正されます。
This release re-adds "dailyrainin" for HTTP reporting. They do no computation based on hourly rain values. It fixes a typo in the wviewmgmt station.php file.

2012-03-21 21:24
5.20.1

このリリースは HTTP 雨提出 (Wunderground および Weatherforyou) を変更しますので「雨」パラメーターのみ送信、だから毎日雨正しいされます。
This release modifies HTTP rain submission (Wunderground and Weatherforyou) so only the "rainin" parameter is sent, so daily rain will be correct.

2012-03-21 21:24
5.20.0

見晴らしの良いプロのコンソールを使用して無効にするには、新しい構成オプションこのリリースで追加のレコードをアーカイブし、代わりに自動生成ループ データからそれらの変更はこのタイプのより多くのステーションで準拠するのでパケット ヘッダーの要件を緩和する WH1080 駅インターフェイス追加構成項目「既定風ユニット」wviewmgmt 生成ページに、すべてのタグと選択した風の単位を使用するグラフィックスのサポートを追加します、ユーザー選択 mph、m/s、ノット、または km/h wview、単位は、風のグローバルな既定値をすることができ、10 から 5 分の間隔を報告最低の CWOP を変更します。
This release adds a new configuration option to disable using the Vantage Pro console archive records and instead autogenerate them from the LOOP data, modifies the WH1080 station interface to relax packet header requirements so it is compliant with more stations of this type, adds the configuration item "Default Wind Units" to the wviewmgmt generation page, adds support for all tags and graphics to use the selected wind units, lets the user select mph, m/s, knots, or km/h for the global default wind units in wview, and changes the minimum CWOP reporting interval from 10 to 5 minutes.

2011-05-23 03:45
5.19.0

このリリースでは、彼らが(デーモンとしてではない)フォアグラウンドで実行することができるすべてのプロセスに"- f"引数を追加します。これは、トレースとデバッグwviewプロセスをコマンドラインから容易になります。コマンドはwview起動スクリプトの例に追加されている"スタートはトレース"。 rsyslogの設定ファイルはこのようなことwviewは、ファイル内の/ログ/ wview.logを/ varに配置されますログDebianのAPTのインストールに追加されています。 "99 - wview.conf"と、/ rsyslogのディレクトリの例に追加されているユーザーズマニュアルのセクションを構築するソースで使用するための手順があります。 WH1080駅インターフェイスは、よりUSBバス上の潜在的な余分なデータを処理するために更新されています。
This release adds the "-f" argument to all processes so they can be run in the foreground (i.e. not as daemons). This will facilitate tracing and debugging wview processes from the command line. A "start-trace" command has been added to the wview start script examples. An rsyslog config file has been added to the Debian APT installation such that wview logs are placed in the file /var/log/wview.log. "99-wview.conf" has been added to the examples/rsyslog directory, and there are instructions for use in the source build section of the User Manual. The WH1080 station interface has been updated to better handle potential extraneous data on the USB bus.

2011-04-02 05:56
5.18.6

このリリースでは、WH1080局以上の有効なマジックナンバーを追加します。
This release adds more valid magic numbers for WH1080 stations.

プロジェクトリソース