ダウンロードリスト

プロジェクト概要

wmalms 監視センサー チップから得られたデータ: 温度、ファン速度、電圧。ウィンドウのメーカー、!BlackBox とクローン (fluxbox、pwm など)、または嚥下 Afterstep、GNOME 1、kwm 1 (KDE) fvwm などをサポートする任意のウィンドウ マネージャーとドッキング可能/飲み込んだアプレットとして使用することができますとそのクローン。または、他のウィンドウ マネージャーでも、通常のウィンドウとして wmalms を実行できます。wmalms は、lm_sensors でサポートされている任意のハードウェアに合わせて設計されています。ウィンドウの外観、順序およびセンサー データ、更新頻度、アラーム モードなどの表現を含む、カスタマイズされた機能の広い範囲を提供しています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2004-02-06 05:13
1.1.1

このバージョンは、PWM付き(デフォルトでは象徴的なモード)動作するように固定されます。
タグ: Minor feature enhancements
This version is fixed to work with PWM (iconic mode by default).

2003-10-31 07:53
1.1.0

このバージョンのblackboxおよびクローンのためのサポート(税金込み、Fluxboxの)を追加します。今(そのため、Fluxboxのユーザーは、出力用)ツールバーを使用することができますアイコンの名前として結果を表示することができます。
タグ: Minor feature enhancements
This version adds support for BlackBox and clones (incl.
Fluxbox). It can now display the results as an icon name
(so that FluxBox users can use the toolbar for the
output).

2003-03-21 19:05
1.0.0c

フォントのパラメータは、configureスクリプトは今でも時x_librariesおよび/またはx_includes空白として認識され、デフォルトのdocディレクトリに作品が$(datadirの)/ docの(つまり/ usr /ローカル/共有/ docのではなく、され作品/ usr /ローカル/ doc)を。
The font parameter now works, the configure script now works even when
x_libraries and/or x_includes are identified as blank, and the default
doc directory is now ${datadir}/doc (i.e., /usr/local/share/doc rather
than /usr/local/doc).

プロジェクトリソース