ダウンロードリスト

プロジェクト概要

web2ldapはPythonで書かれたウェブベースのLDAPv3です。ウェブサーバで単独でも稼働し、また他のウェブサーバのFastCGI support(たとえばApache with mod_fastcgi)の元でも稼働するよう設計されています。このプロジェクトはいくつかのvarious LDAPv3のために、またパワフルなschemaブラウザーのために存在しています。HTML templatesは執筆のために,LDIF templatesは新しいエントリを早く加えるために使われています。X.509 parserは証明書の詳細を写し、CRLsに関連付けます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-17 11:14
1.1.31

このリリースに新しいプラグイン クラス"macAddress"と須藤 ldap と他の小さな修正と機能拡張を追加します。
This release adds
new plugin classes for "macAddress" and sudo-ldap, and

other small fixes and enhancements.

2013-01-20 08:32
1.1.30

このリリースは、バグ修正と小規模な拡張を追加します。
This release adds bugfixes and small enhancements.

2012-12-28 06:46
1.1.28

Samba3 LDAP スキーマのサポートを改善。Python モジュール netaddr 使用できます (と好まれる) ipaddr の代わりに。いくつかの小さな修正。
Better support for Samba3 LDAP schema. The Python module netaddr can be used (and is preferred) instead of ipaddr. Some small fixes.

2012-12-06 08:38
1.1.26

さまざまなプラグイン クラスのさらなる改善。パスワードの変更フォームは、今がテンプレートに基づいています。パスワードのさまざまな拡張ユース ケースをリセットします。多くの小さな機能強化と修正。
More improvements to various plugin classes. The password change form is now based on a template. Various enhancements for password reset use-case. Many small enhancements and fixes.

2012-08-26 23:46
1.1.24

モジュール ipaddr py が今必要なは IPv6 のサポートが向上しました。プラグイン クラスの動的選択にいくつかの改善と修正を行った。ステータス行は、今バインドされたユーザーのエントリからの情報を表示します。いくつかのより多くのバグ修正が行われています。
The module ipaddr-py is now required for better IPv6 support. Some improvements/fixes have been made to dynamic selection of plugin classes. The status line now displays information from the bound user's entry. Some more bugfixes have been made.

プロジェクトリソース